槍穂高縦走2日目、北穂高小屋~奥穂高岳~西穂高岳

4時に起きて、

うだうだしていたら朝食は長蛇の列だったが、

なんとか一回目の4時半の朝食を食べる事が出来た。

用意をしてハイドレに給水して、

5時36分 北穂高岳を出発する。

日の出を頂上で見たかったが、

パートナーは颯爽と移動し始めたので(苦笑)

さすがにモルゲンロートだけは見たかったので、

5分だけ止まってもらう(笑)

動き初めは登りも下りも動きがイマイチだったが、

すぐにスムーズに動くようになる。

北穂高小屋のテント場、

小屋から結構離れていて、

小屋まで行くのに大変そうだった。

最初の難所で、

前を行っていた女性が、

ルートを少し間違えて難しくさせていた。

こういう判断は、経験値の差か。

涸沢岳まではそこだけ気を遣った。

6時48分 涸沢岳

6時57分 穂高岳山荘

穂高岳山荘から奥穂高岳は空いていたので、

安心して穂高岳山荘でトイレ大をする。

いざ登ろうと思ったら、

下りが何人か、団体の登りがいて、

混雑していたので、

テラスで横になって空くのを待つ。

10分くらいして空いたので、

一気に登る。

途中から奥穂高岳までの登りは景色が最高なのと、

遅い人にイライラしたくなかったので、

写真を撮りながらのんびり登る。

奥穂からのジャンダルムは相変わらず格好いい。

奥穂高山頂は写真待ちが何人かいたのでスルーする。

7時41分 奥穂高岳

先週通ってめちゃくちゃ怖かった馬の背がすぐにやってくる。

丁度、前を行く二人がルートを間違えていて、

馬の背を巻こうとしていたが、

そっちに行ってしまうと、

戻るのも大変になってしまうので、

そっちではないと教える。

先に行かせてくれたので、

先に馬の背を通る。

あれ?っと思うほど、

恐怖心もなく、簡単に通れた。

慣れてきたのと、

先週はつるつるに擦り減ったランシューズだったが、

今回はグリップのいいトレランシューズだったのが大きい。

ここからジャンダルム頂上まで人がいなかったので、

さくさく登れた。

8時28分 ジャンダルム

馬の背以上に危険ポイントはないだろうと、

集中力が切れそうだったが、

西穂高まで油断しないぞと、

気合いを少し入れる。

少し分かりにくルートもあったが、

さくさく行く。

逆層スラブ、

手をかける所がほとんど見つからなかったので、

時間短縮のために、

上から下まで鎖を使う。

間ノ岳と西穂高の間で、

非常に崩れやすい登り下りがあり、

その下りで、

かなり遅い4人組に出くわす。

抜かさせようとはしてくれなかったので、

どこかで抜けないかなと思っていたら、

落石をしてしまう!

やらかしてしまいました。。。

大人しく付いていく。

下り切る手前でやっと抜けるポイントがあり、

一声掛けて追い抜く。

西穂高岳山頂には結構人が立っているのが見えていた。

10時49分 西穂高岳

登ってきた人が、

独標から先は人が凄いので、

コースタイム以上かかると言われる。

西穂独標までも危険個所があると聞いていたが、

ここまでのルートが危険個所あり過ぎたので、

なんとも思う事なくすいすい行けた。

パートナーが先行してどんどん行っていたので、

独標までに追いついてやると、

ペースを上げる。

西穂独標、人が多くて写真も撮らず。

結局、独標までに追いつけず。

独標から先は、

少しずつ走れるようになる。

がっつり飛ばしてやろうと、

走っていく。

パートナーに追いつくが、

そのまま走って抜く。

パートナーも走って、

そのまま二人でトレラン。

独標から先、

混んでいると聞いていたが、

混んではいなかったので、

問題なく走れた。

11時37分 西穂山荘

山荘下でヘルメットを脱いでいたら、

普通の登山の格好のカップルが走って下っていく。

「こんにちわ~♪」

と笑顔で走り去っていった。

パートナーと、

これは負けるわけにはいかない!と

気合いを入れて下り始める。

西穂山荘までは、

石、地面が乾いていたので、

グリップが良かったが、

西穂山荘下は、

土が多くなり、

石も湿っていて滑りやすかった。

木も多くなるし。

気を遣いながら走る。

結構走っても、

カップルには追い付かなかった。

大したもんだなぁと思いつつも、

負ける訳にはいかなと走り続ける。

やっとカップル女性を追い抜く。

男性はまだ見えなくて焦るが、

パートナーから、

「この先、登りが二か所あるから、

その内どちらかで追いつける」

と聞いて、

ひたすら走る。

一回目の登り終わりに、

やっとカップル男性を見つけて、

一気に追い抜く。

登りでやられたようだった(笑)

男性「くそー、悔しい。追いつかれた!」

私「おかげで楽しく走れました♪」

とがっしり握手する。

そのまま走る。

12時02分 西穂高口

西穂高岳から西穂高口まで85分。

我ながら見事なランだった。

顔を洗って、

ロープウェイ乗り場へ。

鍋平まで片道1500円。

高い。。。

12時15分のロープウェイに乗って下山する。



2日目 北穂高小屋~奥穂高~西穂高口

10.3K 6時間21分


我ながら早いと思う。



着替えてすぐに車を出す。

13時に新穂高を出る。

緑湖SAで定食をがっつり食べて、

中央道の大渋滞にはまって、

調布の友人宅に着いたのが21時。

8時間もかかった。

この日の山行よりも長かった。。。



めちゃくちゃハードな山行でしたが、

達成感が半端ないです。

二日間共最高の天気に恵まれて、

最高の眺望を楽しめました♪

これ以上の山行はあり得ないような。。。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2011年6月11日 夢の島24時間マラソン 157.7K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ