上高地~涸沢~奥穂高岳~ジャンダルム~涸沢

9/30 上高地から入り、

涸沢にテントを張って、

奥穂高岳とジャンダルムをピストン登山してきました。

最高の天気だったので、

無理しちゃいました(苦笑)




朝1時に起きて、

何一つ用意してなかったので、

家を出られたのは2時。

5時20分に沢渡に着いたものの、

いつも停めている梓駐車場は満車で、

第四駐車場に停める。

バスは長蛇の列で、

タクシーもいつ来るか分からないので、

今回は初めてバスを使う事に。

片道1250円。

バスが来ても全然乗れなかったり、

既に満車だったりと、

40分くらい待って、

やっと乗る事が出来た。

上高地に着き、

バスターミナルベンチは、

さぞかし凄い人かと思いきや、

そうでもなくて、

ベンチに座って用意が出来た。

出発は7時10分。

少し雲が多いかと思ったが、

どんどん晴れていって、

一日ほとんど雲一つない最高の晴れとなった。

横尾までのつまらない道は早足で歩いていく。

横尾まで2時間半。

徳澤園までのトイレは空いていたが、

横尾のトイレは大行列だった。

横尾から涸沢までは、

凄い混雑でした。。。

本谷橋までは、

登山道が細いので、

かなり時間がかかりました。

本谷橋から上は、

道が広くなるのと、

勾配が険しくなるので、

ガンガン抜いていく事が出来ましたが。

12時丁度に涸沢ヒュッテに到着。

ヒュッテ前から紅葉が始まっていて、

綺麗でしたが、

涸沢ヒュッテからの紅葉は、

ホント見事でした。

テント場、既にかなりの数が張ってあり、

張る場所を探すのに手間どいましたが、

なんとか岩が少ない場所を探して、

無事に張る事が出来ました。

この何時間後には、

テントが倍くらいに増えていたので、

下がどんな所に張ったんだろう?と思うくらいでした。

12時から受付開始のテント受付に並ぶ。

一人1000円。

銀塩マット500円を借りる。

このおかげで安眠する事が出来ました。

パン休憩をして、

13時50分にアタックザックと、

ランニングシューズで、

ガチ登山開始。

予定より出発が2時間遅れたので、

ジャンダルムまで行くのは止めて、

奥穂までのピストンのつもりでした。

ザイデングラート下の紅葉が綺麗でした。

14時30分にザイデングラートに取り付く。

ハードな岩壁を想像していましたが、

危険個所もなく、

すいすい登れました。

鎖もありましたが、

使う事もなく。

15時10分に奥穂岳山荘に到着。

奥穂のハシゴ渋滞は一切なく、

登る事が出来ました。

途中から眺望が一気に開け、

北アルプスを堪能する事が出来ました。

15時40分に奥穂高岳登頂!。

奥穂から見るジャンダルムが、

想像以上に格好よく、

これは行くしかないと、

ジャンダルムに突っ込む。

奥穂からジャンダルムの往復は、

コースで誰一人会う事はなく、

贅沢な時間でした。

降り始めて、

すぐにやってきた最大の難関が、

馬の背。

ここ降りの!?と、

廻りを何度も見渡すくらい

切れてました。。。

「絶対に焦らない!確実に一歩ずつ!」

「いい一歩だった!次も落ち着いていこう!」

「三点支持を確実に!」

と、何度も言い続けました。

ホント怖かった。。。

直下から見て、

これはどうやって登るんだ?

というコースの連続でしたが、

○×をしっかり探して登れば、

問題ありませんでした。

2か所ほど、

ホールドが見つからなくて、

鎖を遣いました。

後は登りがメインなので、

恐怖心を感じる事もなく、

登れました。

頂上直下でロープがあり、

直角になっていたので、

私レベルではこれは登れない。

ここを登るしかないのなら、

諦める事も視野にいれ、

一旦巻いて反対側に行くと、

普通に登れるルートがあり一安心。

ただ○×がなくて、

ここでいいのか?と思いながら登って、

16時40分にジャンダルム登頂!

思わず、やったー!と、

ガッツポーズするくらい達成感がありました。

嬉しかったなぁ。。。

そして360度の眺望、

最高の青空と最高の眺望がありました。

それを貸切!

なんとも贅沢な時間でした。

とはいえ、

急いで戻らないとまずいので、

写真撮影をすませて、

降りる。

肩の所にテントを張っている人がいてビックリしました。

降りるのは、

多少、恐怖心がありましたが、

難しい所は少なく、

鎖を使ったのは2か所でした。

たぶん登りと同じ所。

馬の背の手前当たりから、

夕日に焼ける奥穂を見る事ができました。

なんとも綺麗でした。

馬の背は登りも怖かったですが、

下りほどの難しさもなく、

思ったよりもさくっといけました。

奥穂頂上のちょい手前で、

日の入りを見る事が出来ました。

ジャンダルム横に沈んでいく太陽。

最高の綺麗でした。

誰もいない奥穂で写真を撮って、

奥穂岳山荘手前で、

真っ暗になる。

風も出てきて寒さもあった。

ヘッドライトを点ける。

が、

我ながらあり得ない事に、

初めて使う充電式ヘッドライトで、

あまり充電してなくて、

電池が切れる。。。

やっちまった。。。

ただ、

バックにモバイルバッテリーを入れてあったので、

奥穂高山荘でバッテリーをつないで使う事に。

なんとか奥穂高山荘に辿り着く。

山荘、温かった~。

バッテリーを繋いで、

ヘッドライトが使えるようになったものの、

接続が弱く、

手で持ってないとダメだったので、

頭でなく、ライトを持つ事に。

レインジャケットを着て、

降りていく。

ライトで降りるザイデングラード、

めちゃしんどかったです。

登りはなんとも思わなかったですが、

石、岩がよく滑る。

5回くらいこけました。

疲れているのもありましたが。

○をしっかり探して降りました。

ザイデングラードを降り切って、

涸沢ヒュッテに降りていく道にしましたが、

道をロストしてしまう。

ただ、

涸沢小屋への道に合流するだろうと、

そのまま降りていって、

その道に入る事が出来て、

賑やかな涸沢小屋を通って、

涸沢ヒュッテのテント場へ。

テントの数が倍くらいになっているので、

自分のテントがすぐ見つかるか不安でしたが、

すぐに見つける事が出来て一安心。

19時40分、テント着。

疲れきっていましたが、

充実感、達成感が凄かったです。

ただ、こういう山行は、

我ながらよくないなと。。。
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2011年6月11日 夢の島24時間マラソン 157.7K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ