上高地から槍ヶ岳を一日ピストン登山

10日 最高の天気の中、

上高地から槍ヶ岳の日帰りピストン登山を

してきました。

去年、同じコースをやりましたが、

小雨、ガスで何にも見えませんでした。

が、今回は最高の眺望を楽しめました♪



夜中12時40分に起きて、

1時15分に家を出て、

ラン仲間を2時に拾って、

中央道を順調に走り、

沢渡の梓駐車場へ。

600円を払って、

タクシー乗り合いがすぐに見つかって、

4人乗り合いで上高地へ。

上高地に着いたのは5時30分前。

ほぼ予定通り。

ストレッチをしっかりする。

去年、同じコースで10時間10分だったので、

10時間切りを目標とした。

5時40分から行動開始する。

明るいのでライトは使わず。

最初から走っていく。

まだ人がまばらな河童橋で写真を撮って、

明神橋で写真を撮って、

新村橋で写真を撮ってと、

山の格好いい姿をバックに写真撮影を楽しみました。

横尾までは予定通りほぼ走り、

1時間10分。

そこから歩きになりました。

槍沢ロッヂまで50分。

ここで初の休憩10分。

最後の水場だと認識していたので、

水を補給する。

が、この後、沢を何度も通るので、

大曲くらいまでは、

いくらでも補給出来ました。

この時間、下りのピークのようで、

かなりの下山者がいました。

足がしんどくなり始めた所で、

槍ヶ岳がはっきり見えてテンションが上がりました。

「格好いい!」を何度も連発しながら登りました。

天気がいい時はヒュッテ大槍に出て、

縦走がいいと聞いていたので、

分岐を右へ。

ほとんどの人が左だったので、

快適に登れました。

疲れたので一度休みましたが。

稜線に出ると眺めがいい♪

槍ヶ岳を違う方向から見られて良かった。

岩場を通り、

やっとこさ槍ヶ岳山荘へ。

5時間。

天気がいい割りには、

槍ヶ岳渋滞が酷くはなかった。

頃合いを見て、

壁に張り付く。

去年より、

アイボルトの数が増えていて、

非常に登りやすくなっていた。

鎖を使う事なく登り降りできた。

あっという間に最後のハシゴへ。

ポーズして写真を撮るくらい余裕がありました。

頂上は最高の眺め♪

順番に写真を撮る。

さくっと降りる。

槍ヶ岳山荘前のベンチで休憩する。

トータル1時間いて、

ここまで6時間。

残り4時間で上高地まで降りたい。

気合いを入れて降りていく。

ぐんぐん降りていって、

1時間半で槍沢ロッジへ。

10時間切りは余裕で達成出来るのが分かって、

一安心。

が、どうせなら9時間切りを目指そうと、

無理を承知で気合いを入れる。

横尾までトレランで走っていく。

33分。

9時間切りは無理なのは分かったが、

走っていく。

しんどくなって、

緩い登りも歩いていく。

沢の水で顔を洗って、

水を飲んでリフレッシュした所に、

猿が計10匹くらい現れる。

全然、逃げない(笑)

並行して走ってりした。

9時間切りは無理でも

やれるだけやろうと、

ヘロヘロで気持ちだけで走っていく。

明神辺りから一気に人が増えるが、

走っていく。

上高地に無事に辿り着く。

1時間08分。

計9時間17分。

去年より50分も早い。

これは嬉しかった。

顔、頭洗って、

友人を待つ。

沢渡行きのバスは大行列。

が、タクシーはほぼ並んでいなかった。

バスの券売機前で買おうとする人に、

「乗り合いタクシーで行きませんか?」

と声を掛けて、

すぐに乗り合い相手を見つける事が出来た。

すぐにタクシーに乗れて、

スムーズに沢渡まで戻れた。

バス待ちの人は、

タクシー乗り合いの方が安いのを知らないのだろうか。

バス1250円。乗り合いタクシー1050円。

着替えて16時に車を出す。

中央道みどり湖SAで、

定食系が食べられると聞いて、

みどり湖で定食を食べて満足するも、

中央道、30Kの渋滞。

久々の土日の晴れだったからか。

家に着いたのは22時20分。


登山してる時間より車の時間が長かった。

さすがにぐったりしましたが、

翌朝は普通に起きれて、

11K走って仕事に行きました。


ハードな登山でしたが、

最高の眺望を楽しむ事が出来ました♪






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2011年6月11日 夢の島24時間マラソン 157.7K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ