光が丘ロードレース

光が丘ロードレースに参加してきました。

意外にも走れました。





前日、ゴルフで、

夕方から家で飲んだくれて、

かなりのんびり寝て、

7時過ぎに起きて、

餅を三個食べる。

タイガーテイルで筋膜解して、

ストレッチして、

体幹トレして、

一時間前に、

マルトデキストリンと、

アミノ酸と塩を飲んで、

自転車で光が丘公園へ向かう。

会場に着いたのは、

スタートの15分前。

ゼッケンとタグをもらって、

付けてからアミノ酸飲んで、

芝生の上で流しを三本して、

スタートエリアに向かう。

6分前にAブロックの前よりに入る。

前から8列目くらい。

10時40分にスタート。

スタートロスは3秒くらいか。

すぐに左に曲がる。

4分15秒で前半行って、

左足脹ら脛が問題なければ、

10KからBupする予定。

 

すぐに自分のペースで走れて、

 

ペースを作る。

1K 4:14

いいペース。

 

公園内を走ってから、

 

外周へ出る。

 

外周を5周する。

 

10Kまでは、

 

人の背中に付き、

 

抑えて走る。

 

ガーミンの距離が計20.4Kしかないのと、

 

ランニングウォッチは5K毎に押したかったが、

 

途中から計測がおかしくなっていたので、

 

5Kの表示毎に、

 

スタートから時間でラップを計算。

 

2.3Kはペースが上がってしまい、

 

4分ちょっとペースだったので、

 

徐々に落とす。

 

5周の周回なので、

 

2周目後半くらいから、

 

周回遅れの人が出てくる。

 

細いコースなので、

 

抜きにくいかと思ったら、

 

係員が遅い人は左側に寄せてくれるので、

 

思ったより走りやすかった。

 

それでも右にいる人には、

 

声を掛けて抜かす。

 

10Kを過ぎ、

 

左足脹脛の痛みもなかったので、

 

人の背中に付くのを止めて、

 

自分のペースで走る。

 

イメージは、キロ4分だった。

 

15Kまでは順調だったが、

 

突然、両足裏が痛くなり、

 

蹴れなくなる。

 

ペースダウンを余儀なくされる。

 

4分40くらいまで落ちてしまうが、

 

徐々に痛みも減ってきて、

 

ペースを戻す。

 

5周もするから周回間違えるか心配でしたが、

 

キロ表示がしっかりあったので、

 

大丈夫でした。

 

5周して、

 

公園内に入る。

 

最後の直線に入る。

 

飛ばす。

 

時計が見えて、

 

なんとか85分切りが出来るかもという位置だったので、

 

目一杯飛ばす。

 

必死にゴールする。

 

 

1時間25分。切れなかった。。。

 

 

 

20Kの地点で、

 

ランニングウォッチを見ていれば、

 

もう少し頑張れた。

 

ラストの直線で、

 

もう少し早く時計を見ていれば、

 

もっと頑張れた。

 

 

悔しい。

 

 

 

とはいえ、

 

左足脹脛を4日前に痛めて、

 

5000m記録会をDNFしたので、

 

全く調整せずに、

 

痛みが出なくて走れればいいなと、

 

ペース走程度で、

 

臨んだレースで、

 

85分が出た事は嬉しかった。

 

 

スピード持久力も戻ってきました。

 

これでサブスリーが見えてきました。

 

って、大阪は見えてなくても、チャレンジしましたが。。。

 

 

このまま怪我なく行ければ、

 

今年度もサブスリーは間違いない。

 

 

 





 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2011年6月11日 夢の島24時間マラソン 157.7K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ