鳳凰三山にテント泊登山

土日で、南アルプス鳳凰三山に、

テント泊登山してきました。

いい山行となりました。



12日、

3時半に起きて、

4時半に家を出て、

6時半に青木鉱泉へ。

2年前の10月に登った時は、

駐車場がいっぱいだったが、

ガラガラだったので拍子抜けする。

6時47分から登り始める。1087m。

テント装備、重かった。

沢沿いで法面の工事をしていて、

迂回しなければならなかった。

沢から頂上らしきが見えて、

相当上がるなぁと気が重くなる。

南精進ヶ滝まで淡々と上がる。

見事な滝だった。

分岐まで戻らずに登れた。

鳳凰の滝、

前回同様に、

どれだか分からなかった。

しかも分岐まで戻らないとならない。

白糸滝は登山道から見えるので楽だった。

この辺で、ショートカットしようとして、

失敗して、

バリエーションルートのようになる。

無駄な体力を使ってしまった。

GPSで確認して登山道に出る。

五色ノ滝、

ホント見事な滝。

荷物を降ろしてしっかり休憩する。

前方が開け、

オベリスクが見える。

登山道に雪が出てくる。

鳳凰小屋に12:28着。2400m。

5時間45分もかかった。

2年前のトレラン装備だと、

3時間15分で登れたのに。

小屋前のベンチでインスタントラーメンを食べる。

小屋の人がいなかったので、

ザックを小屋前に置いて、

軽身で地蔵岳に登る。

地蔵岳登頂。14時02分。2764m。

甲斐駒岳が格好良かった。

富士山もはっきり見えた。

翌日の天気予報が曇りから雨だったので、

観音岳、薬師岳も行きたかったが、

足が終わっていたので、

下山する。

下りもつらかった。

鳳凰小屋に戻ると、

小屋の方がいて、

無事にテントを張る事が出来た。

テント場、混んでるかと思ったら、

私の他に1人だけだった。。。

疲れていたので、

テント前で食事して、

保冷パックに入れてきた

缶ビールを飲む。

冷え冷えで疲れた体に旨かった。

寝て食べて飲んで寝るを繰り返す。

寒かった時の予備として、

ダウンジャケットも持ってきていたが、

使わなかった。

夜中、トイレに起きるが、

星はまったく見えなかった。

3時半に起きる。

やはり雲があり、

日の出は見られなそうだったが、

せっかくなので起きて登る事に。

外気温は5℃だった。

パンとジェルだけ口にして、

ヘッドライト登山をする。

小屋から観音岳に登るコースにしたが、

ずっと雪に悩まされた。

チェーンスパイクを家に置いてきてしまっていたので。

このコース、

ずっと雪で、

急登な所はかなりびびった。

雪でスピードが遅くなり、

日の出に間に合わないかもと思ったが、

開けた所で日の出を見る事ができた。

雲が厚くて見られないかもとも思ったが、

山から登ってきて雲に隠れる2分間だけ、

見る事ができた。

4時40分。日の出。

神秘的だった。

稜線に出ると、

真っ白な北岳がバーンと現れる。

めちゃくちゃ格好良かった!

間ノ岳も見える。

去年、あの稜線を歩いたのかぁと、感動。

雲海に浮かぶ八ヶ岳。

観音岳の後ろに富士山。

地蔵岳の後ろに甲斐駒。

何と素晴らしい景色なんだろと、

何度も思った。

観音岳山頂は何か寂しかった。

薬師岳からの北岳は、

迫力あって格好いい。

稜線は風があった。

ピストンで戻る。

この稜線、ホント素晴らしい。

観音岳を過ぎ、

雪道を降りたくなかったので、

地蔵岳まで行く。

この稜線、

貸切だった。

なんと贅沢な時間だったのだろう。

砂場の下りは、

富士山の下りのように走れたので、

楽だった。

7時15分に小屋に戻ってくる。

しっかり食事をする。

少し寝てから降りようかと思っていたが、

雨雲レーダー見たら、

10時から降ってきそうだったので、

テントを片づけて、

すぐに降りる事に。

小屋に方に声を掛けて、

8時43分に下り始める。

中盤くらいに、

踏んだ大きい石が動いて、こける。

幸いにも手をついた所、

身体を打った所は土だったので、

大した怪我はなかった。

不幸中の幸いだった。

途中でがっつり雨に降られる。

疲れてきた所に雨で、

ペースが落ちる。

やっとこさと青木鉱泉に辿り着く。11時08分。

シャツだけ替えて、

顔洗って、

登山靴脱いで、

すぐに車を出す。

高速も空いていて、

2時間20分で家に帰る事が出来た。


今回、

日曜の天気が悪かったせいか、

山は終始空いていました。

登山下山含めて、

10組もいなかったです。


鳳凰三山、

いい山なので、

また来たいです。

次は日帰りトレランか。













スポンサーサイト

テント泊で金峰山と瑠璃山

GW後半、

金峰山と瑠璃山の百名山2座を

テント泊で登山してきました。

最高の山行となりました。


3日は15時からソファーで、

寝たり起きたりして、

11時15分に起きて、

テント装備の準備をするものの、

久々過ぎて全然終わらず。

12時半にやっと家を出て、

2人ピックアップして、

中央道を快適に走って、

瑠璃山山荘へ。標高1520m。

少し道に迷って駐車場へ。

前日の雨、GWで快晴予報とあって、

駐車場が大混雑と予想して、

予定を前倒しにして、

到着して結果的に大正解でした。

用意をして、

出発したのが4時10分。

久々のテント装備でヘッドライト登山でした。

登山道入口が分からず少しうろうろ。

昼間見たらすぐ分かりましたが。

富士見小屋までCT通りに50分かかって、

5時に到着。

久々のテント装備に久々の登山靴、

前日の雲取山登山の疲れもあり、

かなりしんどかったです。

まだ空いているテント場で、

よさげな場所を選び、

テントを張る。

久々過ぎて時間がかかりました。

富士見小屋で受付。

一人1000円でした。

軽身になって、

金峰山へ。

途中、

鎖場が何か所かありましたが、

鎖を使わずに登れました。

稜線に出てからの眺望は最高でした♪

富士山、八ヶ岳、南アルプス。。。

テンションが上がりました♪

登山初心者がいたので、

CTの0.9くらいで登りました。

金峰山山頂に9時着。2599m。

五丈岩に挑戦するも、

今回も去年と同じ所でギブアップ。

登山上級者の友人は上まで登っていた。

すげー。

五丈岩下側の風をしのげる場所で、

朝食。

山で食べるチキンラーメンはうまい。

10時20分下山開始。

登りの人が続々登ってくるので、

待つ場面が多くなる。

それでもさくさく降りて、

鷹見岩に寄り道。12時半。

ここからの眺望も良かった。

金峰山頂を見て、

あそこから降りてきたのかと

思うと灌漑深かった。

富士見小屋に13時20分到着。

約9時間の行動。

あふれんばかりの水場の水を補給して、

まるたいラーメン食べて、

昼寝zzz

まったりしてから、

晩御飯はマーボー春雨。

おかわり春雨もどっさり入れる。

ウィスキーを天然水で割って、

おいしくいただき、

18時には就寝zzz

途中、トイレに起きる。

星空が綺麗だった。

5日 3時起きして、

お湯を沸かして、

西友の雑炊を食べる。

お湯を沸かすのに時間がかかって、

急いで食べる事になった。

山用ボトルを買おうと決意する。

3時半 予定通りに出発。

二日連続でヘッドライト登山スタート。

瑠璃山へ向かう。

一旦、川辺に降りてから、

登っていく。

後半、岩場が多くなる。

頂上付近に凍っていた岩場もあった。

瑠璃山山頂の5時5分着。2230m

日の出は雲に隠れながらも

見る事が出来た。

山頂、何組かの人がいるかと思ったら、

貸切だった。

山頂に45分いたが、

後から来たのは2人のみ。

しかも1人はラン仲間だった(笑)

天気もよく、

前日ほどではなかったが、

最高の眺望だった。

何とも贅沢な時間だった。

5時50分下山開始。

さくさく降りて、

途中、岩で撮影タイムで遊んで、

富士見小屋に7時10分着。

まったり朝ご飯。

チキンラーメン食べて、

スープ飲んで、

コーヒー飲んで、

まったり。

この時間に富士見小屋に登ってくる人が多かった。

テントを撤収する。

この早さは上級者と慣れてない私とは、

大きく違いました。

9時05分に富士見小屋を出る。

ここから瑠璃山山荘まで、

走れるトレイルだったのを

覚えていたので、

登山初心者の子を置いて、

テント装備で走る。

普通のトレランとは違う楽しさがあった。

気持ちよく走って14分で降りる。

登山初心者の子が途中で道を間違えたようで、

途中まで迎えに行く。

無事に合流して、

最高に楽しい山行は終了。

名前忘れたけど鉄の匂いが強い温泉に入って、

昼前に中央道に乗る。

既に大月で15Kの渋滞発生。

のらりくらり走って、

夕方には家に帰れました。

天気に恵まれて最高に楽しい二日間でした♪















高尾陣馬山トレラン

GW後半最終日、

高尾陣馬山トレランに行ってきました。

タイムアタックしたんですが、

かなりイマイチでした。



4時半起きして、

5時に家を出て、

高速を快適に走って、

高尾山口駐車場へ。

6時過ぎでしたが、

結構な台数が停まっていました。

肩甲骨、股関節廻りを解して、

6時13分に清滝駅をスタート。

今回、熊鈴を忘れてしまいました。

トレランに注意喚起となる熊鈴は必須なのに。

3時間半切りを目標とする。

6号路を早足で登る。

山頂まで4分弱。

階段を下り、

これからやっと走れるという所で、

左足を挫く。

久々にやってしまいました。

防止のために、

家で足首のストレッチと、

両足に足首サポーターをしていたんですけどね。

軽度っぽかったので、

歩いて様子を見る。

いけそうだったので、

続行する事に。

逆に古傷の右膝の痛みが気になる。

小仏、景信山も巻く。

景信山先の全ての巻き道を使う。

快適に走れる。

陣馬山まで2時間で行きたかったが、

陣馬山に8時24分着。

2時間11分かかってしまった。

富士山も見えた。

写真撮って、ジェルだけ飲んで、

下山開始。

快適に走る。

が、結構足に来ていた。

3時間半切りところか、

4時間切りも怪しくなったので、

気分的にもめげそうになる。

帰りも全ての巻き道を使う。

高尾山も巻く。

いつも通り、ここから人が多くなるが、

酷くはなかった。

マナーの悪い連中もいたが。

清滝駅に10時15分着。

4時間2分。

4時間切りも出来なかった。。。



雨の中、雲取山トレラン

GW後半初日、

本来であれば、

ラン仲間と初心者向け登山を企画していたが、

あいにくの雨と強風のために、

中止に。

ので、1人で雲取山にトレランに行ってきました。



3日 4時くらいに起きて、

空いているジムで筋トレしようと思っていたら、

雨雲レーダーを見てみると、

思ったよりも早く雨が止みそうだったので、

急遽、予定を変更して、

雲取山トレランする事に。

鴨沢の駐車場に着くと、

GW初日とは思えないくらいガラガラ。

駐車場で雨が止むのを待つ予定だったが、

止んでいたのですぐに出発。

鴨沢駐車場を7時40分。

目標は3時間半切り。

緩い登り坂は走る。

容堂までは快調に行けた。8時26分

この辺から雨が降り始め、

本降りとなってので、

雨具を着る。

手も冷たくなりそうだったのでグローブもする。

いつも通りに七ツ石山手前で足が終わり、

七ツ石山にやっとこさ着く。9時14分

雨が止んでくれたので雨具を脱ぐ。

雲取山まで2時間で行きたかったが、

無理だった。。。

雲取山。10時07分

写真だけ撮ってすぐに降りる。

下りも七ツ石山へ。

丁度、登り始めの時に抜かさせてもらった

ご夫婦がいて、驚愕される。

ナッツをいただいて元気をもらう。

雲が少しずつ晴れてくる。

容堂から先、

登山客が増えてくるが、

思ったほどではなかった。

鴨沢駐車場に11時38分着。

3時間58分。

うーん、三時間半切りは遠いなぁ。





板橋Cityマラソン

今シーズン最後のフルマラソンとなる

板橋Cityマラソンに参戦してきました。

サブスリー狙うも大撃沈。

攻めた結果なので、

仕方ないです。




火曜から朝は走らずに、

毎日、出勤前にエニイタイムで、

1時間ケアしていた。

火曜日夜に夢陸自主練で、

10KP走をしたら、

まさかの40分切りが出来ず。

宮古島100K前のスピードが戻らず。

2月末に右膝の痛みが悪化して、

スピード練習が出来なくなっていたのもあるか。

板橋の妥当な目標タイムは、

3時間10分切り。

もちろんそんな気はなく、

3時間切りしてサブスリー復帰。

潰れる覚悟ではいた。

木曜日夜に低酸素ルームトレーニング。

板橋にあるウインゲートでお世話になる。

これで3週連続となる。

軽めのトレで調整とした。

木曜からカーボローディング開始。

同じくウォーターローディングも開始。

火曜から風邪予防にマスクも着用開始。

前日は、

草餅、団子、羊羹。

夜は具なしのうどんとした。

当日、いつも通りに5時20分に起きようとしていたら、

4時45分に目が覚めてしまって起きる。

身体を解すために、2K走る。

戻ってきて大をする事が出来て一安心。

朝ご飯は

大福、団子、桜餅。

予定通り6時前に済ます事が出来た。

家の事をしたりしてから、

ストレッチポールでごろごろ。

バランスボールで骨盤を解して、

フロッグハンドで足指を解す。

バナナを食べる。

7時過ぎに家を出て、

会場に8時に着く。

ステージでは、

体操をしていて皆やっていたが、

マイペースで自分のアップをする。

動的ストレッチして、

体幹トレして、

動き作り。

動き作りの時間が少なかった。

ラン仲間が13K、29K地点で渡してもらう

スペシャルドリンクをわざわざ取りに来てくれる。

8時20分になり、

RRTの仲間と集合写真。

ランナー10人が集まる。

お互いの健闘を祈る。

バナナを食べる。

小をすませて、

荷物をまとめて8時35分に、

荷物預けに行くと、

長蛇の列。

並ぶも中々進まないので、

諦めて財布とスマホだけ出して、

荷物は置き去りにする。

幸いな事に3K地点にラン仲間がいるのが分かっていたので、

財布とスマホは仲間に預ける事に。

8時48分にBブロックに入る。

後ろの方だったが、

そんなに長くは感じなかった。

塩飴を二つ舐める。

9時スタート。

通過まで15秒といい位置だった。

500mくらいまではストレスを感じながら走る。

ペースを作れない。

1K 4分30秒くらいだった。

少しずつペースを作れるようになる。

2K 4分15秒くらい。

この辺からストレスなく走れるようになる。

3K過ぎにラン仲間にスマホと財布を預ける。

3.5K過ぎくらいにラン仲間から応援を受ける。

4K過ぎくらいにカフェ英会話仲間から応援を受ける。

5K 21分43秒

ラップで21分28秒だから、

2KからはほぼK4分15秒でいけた。

5K過ぎにラン仲間から応援を受ける。

向かい風が気になったので、

必ず人の後ろを走るようにした。

極力、固まりに付くようにした。

8K過ぎにラン仲間から応援を受ける。

10K 20分58秒

遅れを取り戻そうと思ったわけではなかったが、

上がっていた。

21分切りはいらないと、

少し落ち着こうとしました。

この辺から右足裏が痛くなり、

着地に気を使うようになりました。

13K過ぎに預けていたスペシャルドリンクを渡してもらう。

中身は塩、アミノ酸、マルトデキストリン。

この日、暑さが予想されたので、

ウェストポーチにも、

塩、アミノ酸を入れたソフトフラスコを用意。

15K 21分12秒

ナイスペースと思ったのを覚えている。

17K過ぎにラン仲間から応援を受ける。

「今日の調子はどう?」と聞かれて、

「今日は行けそう♪」と答えた。

18K過ぎにラン仲間から応援を受ける。

19K過ぎにラン仲間から応援を受ける。

給水所前にエネルギージェルを摂る。

折り返しで、江戸一の仲間から応援を受ける。

葛西ランナーズの仲間から応援を受ける。

20K 21分18秒

21.0975K 1時間29分48秒

このハーフのタイムはゴール後に知りました。

20Kのタイムで、

ちょっと遅れているくらいかなと思ってました。

ただ、折り返した直後、

ラン仲間からの大声援を受けたのもあり、

足が軽くなりました。

予報では南風で追い風になるし、

今日はサブスリー行ける!と思いました。

が、折り返してから向かい風でした。。。

ただ、去年のように強風ではなく、

弱風だったのであまり気にならなかったです。

23KまではK4分15秒を切っていましたが、

過ぎてから、ふと気付くとK4分20になりそうになる。

これは行けると思った気の緩みが大きかったように思えます。

ここまではフォームをかなり意識して、

人の後ろで風除けを意識していましたが、

折り返してラン仲間を探したりして、

かなり気が緩んでいました。

25K 21分26秒

このラップはやってしまったと焦りました。

肩をしっかり前後に振るも、

肩廻りがしんどくなっていました。

K4分15がどうしても出ない。

三人組が4分10くらいで追い抜いていったので、

付いていくも、

その三人組もすぐにバラバラになる。

やばい、なんとかしなくてわと思っていたら、

わき腹が痛くなる。

ペースを少し落として、

深呼吸をする。

なんとか収まってくれて、

ペースを戻す。

が、どうしてもK4分15が出なかった。

29K過ぎのドリンクを渡してもらう仲間がいる所までは、

なんとか頑張る。

30K 21分38秒

やはりK4分15が出ない。

どうしようと考えながら走る。

残り10Kでタイムを計算して、

K4分10くらいでなんとかなるなら、

なんとか復活出来るのでは?と、

必死に肩を前後に振ったのを覚えている。

が、

31K 4分42秒もかかり、

32K 5分25秒もかかる。

残り10Kでタイムを計算するまでもないくらいに、

落ちてしまった。

サブスリーを諦めた瞬間だった。

せめて3時間一桁台にしようと思うも、

みるみる足が止まり、

K6分、6分半、7分と落ちていく。

35K 28分50秒

何度も歩きたいという衝動にかられたが、

応援に来てくれている人達に、

少しは応えたいと、

K8分手前まで落ちるが、

なんとか走る。

またサブスリーが出来ない悔しさで、

泣きながら走った。

40K 38分02秒

このペースだと、

3時間半切りも怪しかったので、

それだけは避けたいと、

尻、ハムを叩いて気合いを入れる。

K6分半まで戻り、

なんとか走る。

そのままゴールを迎える。


42.195K 3時間28分35秒

意地のサブ3.5


ゴール後、

意外に歩けた。


今シーズンのラストとなるフルマラソンは、

サブ3.5という結果に終わった。


敗因は、

ハーフの折り返し直後、

気の緩みが大きかった。

あそこで更に気を引き締めて、

風除けに人を使い、

フォームを意識していれば、

大きく崩れる事はなかったのでは。

また、レース前のルーティーンを守れなかった。

体幹トレ、動的ストレッチに

1時間かけるのに、

今回は20分足らずだった。

レース前に荷物を預ける時間がなくなり、

焦ってしまったので、

無駄に糖質を使ったのもあるかもしれない。



フルは終わってしまったけれど、

次のレースは、4月の富士五湖100K。

サブテン、玉砕覚悟でサブナインもありか。

姫路城マラソン後三日間は、

無気力になり、走らず筋トレせずだったが、

今回は翌朝から上半身の筋トレしたくらい

気力はある。

腐ってる暇はない。

やれる事をやってまた挑戦します。


最後に、

応援に来ていただいた皆さん、

スタートエリアにドリンクを取りにきてくれたはじめちゃん、

本当にありがとうございました。











こりゃ多摩ラン20K

こりゃ多摩ラン20Kの部に初参加してきました。

スピードが出ないながらも、

粘る事が出来たいいレースになりました。




前日昼まで普通に食事して、

羊羹やら蜂蜜やらで、

炭水化物を多く摂り、

18時にパンチョでスタナポ大盛り(600g)を食べる。

ストレッチポールで筋膜解しまくって、

久々に右膝のリハビリをする。

22時半にジャムパンを食べて寝る。


6時半に起きて、

7時過ぎに車で出て、

車でアンパンとサクラ餅を食べる。

8時前に多摩川に着く事が出来て、

受付すませて、

シート広げて、

いつも通りに体幹トレして、

動的ストレッチする。

塩、アミノ酸を飲む。

この日の最高気温は22度だったので、

塩を多く摂っていました。

芝生の上でジョグすると、

右膝が痛い。

これはやばいかもと思った。

が、段々痛みが収まってくれる。

流しを2本する。

肩甲骨と股関節の連動が悪い。

うまく蹴れてない。

22日の江戸陸以降、

右膝が痛かったから、

スピードトレはおろか、

流しすらしてなかったから、

当然か。

9時に第一ウェーブがスタート。

私は9時01分の第二ウェーブスタート。

前から4、5人目くらいだった。

スタートダッシュで、

一旦、前に出る。

すぐにスラリとした長身のランナーが

抜いていくので、

付いていこうかと思ったが、

身体の調子からして、

これはもたないと判断して、

離れる。

第二ウェーブとしては、

2位でひたすら走る。

私の後ろにずーと、

一人付いているのが分かった。

K4分のスピードは出なかった。

落ち着いたのは、

K4分10秒だった。

5Kくらいで、

左足腿付け根の前側がつらくなってくる。

金曜に低酸素ルームのトレッドミルで、

横から動画を撮ってもらって分かったのが、

右膝をかばって、

右足のストライドが左足に比べて、

全然伸びてなかったので、

その影響が大きそう。

こりゃ多摩ランは、

河川敷を走るのだが、

結構狭い。

ランナー、歩行者は右側を走るようになっていたが、

知らないのか自転車も右側を走る人が多くて、

気を使った。

10K、北上して折り返してくるのだが、

途中、二か所ほど、

橋のふもとで乙字に折り返すのがあった。

給水は水のみで2か所。

9.5K辺りで、

第一ウェーブのトップの選手とすれ違う。

ゼッケン付けてない人が、

トップの選手の真後ろに付いていて、

参加者なのかただの練習の人なのかが分からなかった。

第一ウェーブの二人組とすれ違う。

第二ウェーブのトップ選手とすれ違う。

私も10Kで折り返す。

この時点で、私は6位以上なのが分かった。

ずっと後ろに付いているランナーには、

抜かれてたまるかと、

気持がリセットされたせいか、

10~15Kが一番ペースが早くて、

K4分ちょっとで行けた。

左足の付け根の辛さもなくなっていた。

力が抜けて、

足を真下に置けたせいもあるのか。

給水所の手前で、

ソフトフラスコに入れた

塩、アミノ酸を飲む。

第一ウェーブの2人が前後になって走っていたので、

そのまま後ろに付こうかとも考えたが、

身体が軽かった区間だったので、

そのまま抜く。

その二人も私の後ろに付いたのが分かった。

橋のふもとの乙字で、

まだ3人付いているのが分かった。

途中から付いていたのが減っていた感もあった。

身体が軽かったのは15Kまでで、

K4分15秒まで落ちる。

私を抜こうと斜め後ろまで来たのが分かると、

意地でペースを上げて、

苦しくて下がってを繰り返す。

途中、

歩くイベントなのか、

かなりの数の老人が向こうからやって来る。

道が塞がれた場所は、

大声で、

「道空けてください!」と叫ぶ。

これで気持ちも入った感もあった。

後ろに一人張り付いているのが分かったいた。

その一人が第一ウェーブの人か、

第二ウェーブのずっと張り付いていた人なのかは、

分からなかったが、

残り1Kでちぎってやると決めていた。

残り1Kで、尻、ハムを叩いて気合いを入れる。

K3分50秒まで上がる。

一旦、遅れていたが、

また背中に張り付いていたのが分かったので、

意地で逃げる。

ラストの直線は、

なんとかダッシュして逃げる。

1秒差でゴール!

1時間23分02秒。

いまいちなタイムでしたが、

ダメなりに粘っていいレースが出来ました。

後から分かったのが、

最後に後ろに張り付いてきたのは第一ウェーブの人で、

折り返しで第一ウェーブトップの後ろにいた人は、

参加者ではなかった。

結果的に私は3位!

これは嬉しかったですね。

粘って頑張った甲斐がありました♪


2週間後の板橋に向けて、

1時間20分台で走りたかった所ですが、

走り終えても右膝の痛みがなかったのは、

大きな誤算でした。

2週間でなんとか身体を仕上げていきたいです。






10000P走

江戸陸の練習会に参加してきました。

まだスピードは戻ってなかったようです。




仕事を終えて、

西葛西へ。

夕方は小雨が降っていたようでしたが、

降りてからは止んでくれてました。

ジャムパンを買って歩きながら食べる。

江戸陸着いたのは、6時50分と少し遅め。

タイガーテイルで筋膜解して、

体幹トレして、

動的ストレッチして、

7時30分から走り始める。

アップジョグは意外に早かった。

1.2Kジョグして、

流しを二本する。

肩甲骨と股関節のリンクは普通。

尻でストライドを伸ばしてる感覚はあった。

7時45分からスタート。

4日前の月例横浜マラソン20Kで、

K4分で10Kもったのだから、

K3分50で行けるんじゃないかと密かに思っていました。

入りの200は48秒。

とりあえずこのまま行く事に。

1K 3分59秒

感じからして、

とてもK3分50は無理なので、

K4分弱にして、

後半を上げれたら上げる事に。

2K 3分58秒

この日は小雨だったせいか、

参加人数がかなり少なかった。

まさかの単独走になる。

3K 3分58秒

4K 4分00秒

5K 3分59秒

後半、とても上げられる余裕はなかった。

が、単独走だと思っていたら、

すぐ後ろに宮っちさんがいる事に気付く。

なんとか離したいと少し上げる。

6K 3分56弱

きっちり付いてくる。

疲れてる時ほどいいフォーム!と、

意識して、

一周の度に、

肩の力を抜いて、

腰高を意識する。

7K 3分55秒

少し離れたせいか、

気が緩んで、

8K 3分57秒

残り2000は頑張り所と、

上げたつもりだったが、

9K 3分58秒

ラスト800は踏ん張り所!と、

必死に上げる。

10K 3分53秒

なんとか上がってくれた。

プラス1000のために、

第3コーナーへ。

息を整えて宮っちさんを待っていたら、

服着てるし!?

1人でやるかぁと、

スタートダッシュしたら、

右膝に少し痛みが出たので、

気持ちも折れて、

すぐに止める。

プロテイン+アミノ酸+蜂蜜を飲んでから、

タイガーテイルで筋膜解しして、

終了~。

新木場まで走っていく。

かなり遅いジョグだった。

お尻、ハムがかなり張っていた。

電車で座っていて少し痛いし。

うまく使えてた証拠か。


スピード、

もう戻ったかと思ったんだけどなぁ。

少しショックでしたが、

板橋までまだ1ヶ月あるので、

焦らずにいきたいと思います。

月例横浜マラソン20K

晴天の中、

月例横浜マラソン20Kに参加してきました。

少し風がありましたが、

気持ちよく走る事が出来ました。



前日、

赤塚公園を少し走る。

身体は軽かった。

19時半にカレーを少し食べて、

22時に草餅を食べる。

当日、5時半に起きて、

少しのんびりして、

電車で菊名駅まで。

電車で塩大福を食べる。

菊名駅から新横浜の会場まで走っていく。1.5k

8時15分に受付をすませ、

新しく出来たany新横浜店へ。

ウェイトで全身を伸ばしてから、

バランスボールを長めにして、

体幹トレして、

動的ストレッチ。

バナナを食べて、

アミノ酸を飲んで、

9時半にanyを出る。

RRTの仲間3人が来ていて、

話せてよかった。

流しはなし。

9時50分にスタート。

参加人数は少ないので、

すぐに自分のペースで走れる。

今回、

三日前に江戸陸で、

スピードが全然出なかったのと、

二日前にがっつり筋トレしているのもあり、

あまり自分に期待していなく、

K4分15でいけたらいいなくらいに思ってました。

スタートして、

向かい風が強かったので、

積極的に人の後ろに付くようにする。

2、3人付くが遅れていった所に、

4人くらいのグループがいたので、

付いていく。

最初はK4分15くらいだったが、

若干遅れ始めてどうすっかなと思っていたら、

6人くらいのグループが抜いていったので、

そっちに付いていく。

K4分くらいで、

予定より早かったが、

せっかくのグループだから、

このまま行こうと決める。

この日は、

久々に肩甲骨で股関節を動かして、

腰の下のツナ缶を踏んで、

後ろにストライドを伸ばすのを、

しっかり出来ていた。

この感覚は久々に味わえたので、

嬉しかった。

5K 20分21秒

折り返して、

仲間と声を掛け合う。

この5K,

ほんとに気持ち良く走れた。

我ながら力強いいいフォームだったと思う。

折り返し手前で、

スポーツ羊羹を食べる。

最近、なんか食べにくく感じる。

10K 19分36秒

給水取ろうと思ったら、

集団で走っていたために、

水がなかった(泣)

この辺は向かい風だったから、

後ろにいればいいのに、

悔しかったからか、

集団先頭に出る。

颯爽と走っていたつもりだったが、

急に足が売り切れる。。。

随分、急だなと思いつつ、

仲間とすれ違うまでは、

なんとか踏ん張って、

いい所を見せようと、

集団先頭で走る。

3人目の仲間とすれ違った瞬間、

集団から外れる(苦笑)

K4分15を死守と、

フォームよく走ろうとする。

が、なぜか急に、

わき腹が痛くなる。

なんで急に?

昨日のカレーを食べたのが遅かったか?

結果的にペースを落とさざるをえなくなる。

深呼吸をしっかりして、

少しずつ収まるのを待つ。

去年の新宿シティも同じように痛くなって、

ペースを落とさざるをえなかったが、

収まってからはペースを戻せたので、

今回も焦らずに、

いい休憩と捉えて、

折り返しまで深呼吸を繰り返す。

15K 20分52秒

給水を摂って、

ここからはしっかり走ると、

気持ち新たに走る。

わき腹の痛みは消えてくれていた。

K4分20くらいで走れていた記憶だったが、

タイムを見ると、

K4分25くらいだったよう。

お尻がつらかった。

尻筋をしっかり使えていた証拠か。

そういや残り2Kまでかなり落ちていたような。

残り2Kから頑張れたので、

3Kは相当落ちていたのだろう。

最後はしっかり追い込めて、

20K 22分02秒

20K計 1時間22分52秒

平均ペース K4分07秒

うん、思っていたより全然走れた。

100K前までのスピードにはまだ戻ってないが、

やっとスピードが戻った感があった。

肩甲骨を股関節のリンク、

ストライドを伸ばすのも久々に意識出来たし。

大満足でした♪

帰って風呂入って昼寝して、

夜、寝る前に、

ストレッチを20分。


2000*3→2

姫路城マラソンから4日目、

江戸陸に行ってきました。

江戸陸に行って、

気持ちよく走れなかったは、

久々でした。


2日連続して現場作業で、

朝から腰がつらかった。

作業後、

下半身をよく使ったのか、

尻筋が疲れていた。

一旦、会社に戻ってから、

18時45分に江戸陸へ。

江戸陸に来るのは約1ヶ月振り。

いつものように、

タイガーテイルで筋膜解して、

体幹トレして、

動的ストレッチ。

19時半前からジョグを2K。

流しはなし。

2000*3を10分30秒廻し。

フルマラソンの疲れもあるだろうから、

一本目は3分45秒で様子を見るつもりでした。

入りの200,50くらいだった。

さすがに遅すぎるだろうと上げる。

1K 3分55秒

このペースで息が上がる。

2K 4分00秒

遅くてビックリ。

400ジョグしてたら、

二本目がスタートしてしまった。

心が折れて止めようとする。

あまりにも遅いのもあり、

帰ろうかと思ったが、

二時間かけて帰るのに、

せめてもう一本やって帰る事に。

1K 4分00秒。

2K 3分56秒。

やはりスピードが出ない。

愕然とする。

ダウンジョグ、ストレッチもせずに、

江戸陸を出る。

新木場駅まで走っていく。

ペースは遅かった。




スピードが出ないのは、

100Kのダメージがまだ抜けないのか、

姫路城マラソンの疲れがあるのか、

現場作業の疲れだったのか。。。

江戸陸走って気持ち良くなれなかったのは、

久々でした。。。

姫路城マラソン2018

昨年に引き続き、

今年も姫路城マラソンに参戦してきました。

備忘録です。



前日、

羽田からスカイマークで神戸へ。

神戸は生憎の雨。

三宮の北野異人館スタバでまったり。

居心地良過ぎ二時間いました。

姫路に移動して、

前日受付をして、

姫路城天守閣へ。

富士山同様に、

登るもんではなく見るもんだなと思う。

早めに宿に入って、

タイガーテイルで筋膜解しをして、

体幹トレと動的ストレッチをする。

毎日のようにやっている運動だったが、

木曜日から風邪気味となり、

2日間休んでいた。

体調は軽く咳が出るくらいまでに戻っていた。

早めに晩ご飯を済ませ、

22時半に寝る。

何度か起きたがよく眠れた感はあった。

5時に起きて、

大をしてスッキリ。

身体を起こすために2Kランをする。

団子、餅の朝ご飯を6時までに済ます。

少し休んでから、

タイガーテイルして、

体幹トレして、

動的ストレッチを数多くする。

身体がかなり解れて温まる。

着替えて用意をして、

宿を出る。

歩いて1分で会場へ。

スタートエリア入場開始は8時15分からだが、

8時前に並ぶ。

一番先に並べた。

8時15分になり、

スタートエリアに猛ダッシュ。

最前線真ん中をゲット!

要らないタオルを下にひいて座って、

手袋の上に軍手して、

タオルを首に巻き、

タオルを肩に掛けて、

100円ポンチョまで着たので、

全く寒くなかった。

ひたすら座って待つ。

45分になり立つように言われる。

セレモニーが始まる。

様子を見て、

仕込んでいた尿取りパットに小をする。

少しこぼれてしまった(苦笑)

5分前になり、

全ての物を脱いで、

レース仕様となる。

タオル等は袋に入れて、

係員に捨ててもらう。

9時になり、スタートとなる。

最前線の前はゲストランナーのみなので、

スタートロスは1秒のみ(笑)

身体は冷えていなかったが、

足裏が冷えていたのか、

着地の感覚が鈍い。

肩を前後に振って、

足を使わないようにしていたが、

スタートの興奮で足も使っていた気がする。

スピードを出す。

1K 4分16秒。

今回、

ペースを上げ下げする事なく、

4分15のイーブンペースで行こうとしていたので、

いいペースだった。

だが、

足を使わずにいると、

なんかスピードに乗れない。

丁度いいと思えるペースは、

4分20がいっぱいいっぱいだった。

身体が温まってないからだからだと、

無理にペースを維持しなかった。

5K 21分26秒

遅れを取り戻そうかとも思ったが、

ここから18Kまで緩やかな登りになるので、

ペースを維持して、

ハーフで帳尻合わせようとする。

去年もそうだった。

ただ、

去年と大きく違うのは、

身体の余裕度が全く違った。

10K 21分33秒

また遅れる。

足が既に少しつらい。

しかもなぜか前足がつらい?

僕のフォームで前足がなんで痛くなる?

ここ最近のレースで前足がつらくなるなんて、

記憶ないぞ?

とりあえず、

後ろ足をしっかり伸ばして、

ストライドを広げるを意識する。

サブスリーのペーサー軍団の後方で走っていたので、

つらくなったら、

早めに軍団に入るかと思っていました。

15K 21分39秒

また遅れる。

18Kになったら、

緩やかな下りになるから、

そこから気持ちよく走るぞと、

遅れないようにする。

18Kになり、

やっと緩やかながらも登りが終わってくれる。

ここからだと気持ちを入れ替える。

やっと4分15を切るペースが出る。

20K 21分51秒

18Kまでそんなに遅れていたか。

去年はここの2Kを余裕を持って、

4分02くらいまで上げて、

ハーフを1時間30分を切っていた。

今年は1時間31分05秒。

しかも足は既に余裕がなかった。

こんなんで後、半分無理だろ。

いや、でも行くしかないと、

奮い立たせる。

が、すぐに足が止まりそうになる。

もう諦めるか、

まだ粘るか。

何度も葛藤しながら走る。

諦めた訳ではなかったが、

4分20秒でいけたのは、

23Kまで。

一気にブレーキがかかる。

スピードがもう何をしても落ちていく。

サブスリーを諦める。

25K 23分00秒

必死に肩を前後に振るだけで走ると、

7分30くらいになる。

このままギリギリ粘って行って、

ラスト頑張れば、

3時間半は行けるのではと、

粘る。

左足裏が痛くなってきて踏めなくなり、

右膝が痛くなってくる。

100Kマラソン以降、右膝の調子は良くなかった。

歩くのよりかろうじて早いくらいのペースで走る。

100Kマラソンなんかに挑戦しなければ、

レース前、マスクで風邪予防していれば、、、

何を中途半端な事ばかりやってんだ俺はと、

この辺は涙が止まりませんでした。

35K 40分56秒

後半から風が強くなり、

普通なら追い風向かい風を気にする所ですが、

風はどうでもいいくらいのペースでした。

何度も歩きたいと思いましたが、

意地で絶対に歩かないと、

そこだけは意地で行きました。

右膝が曲がらなくなり、

びっこひくように走る。

もう少しだけ持ってくれ右膝と何度も思いました。

40K 41分59秒

残り2K辺りで、

沿道から、

このまま粘ればサブフォー行けるぞ!と、

言われる。

そこまで落ちていたか。

さすがに四時間は切りたいと、

尻、足裏を叩く。

なんとかペースが上がって、

そのままゴールに向かう。

笑顔もなくゴールする。

2.195K 12分52秒


計3時間55分08秒



今回、

唯一、良かった点は、

歩かなかった事のみ。


レース中にこんなに泣いたのは、

思い出せないくらい。


次のレースは、

ゴールで嬉し涙で泣きたい。

プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2011年6月11日 夢の島24時間マラソン 157.7K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ