3000×2

1ヶ月半振りに陸上競技場でスピード練習してきました。

気持ちよく走ってきました。

西葛西駅から江戸陸まで走っていく。1.2K。

タイガーテイルで筋膜解して、

フロッグハンドして、

体幹トレして、

動的ストレッチをする。

1時間。

裸足でアップを1.2K。

戦2ブーストを履いて、

流しを4本。

肩を大きく前後にを意識する。

肩甲骨と股関節の連動性は普通。

3000×2を15分廻し。

フルマラソン明け4日なので、

疲れもあるだろうと、

一本目は3分45秒で行く事に。

200の入り、45秒。

完璧。

アーマーさんが前を走っていたので、

ちょい早そうだったが、

付いた方が楽かと付いていく。

1K 3分41秒。

早い(苦笑)

が、下げるのも癪なので、

このまま付いていく。

2K 3分41秒。

とりあえず一本目は潰れずにいけそうと、

途中から上げていたが付いていく。

3K 3分38秒。

平均すると、3分40秒。

いいペース。

ほとんどの人が繋ぎは200mだったが、

足を解すために600mする。

結果、

間に合わず、20m手前からのスタートとなる(苦笑)

またアーマーさんに付いていこうと、

抜いていって、

アーマーさんに張り付く。

足の回転が良かったせいか、

後ろだとぶつかりそうだったので、

ややアウトに張り付く。

1K 3分40秒。

このまま行きたい。

アーマーさんに張り付いたまま走る。

2000になったら、

前に出ようかと思っていたら、

1900でアーマーさんがガクッと落ちてしまったので、

前に出る。

2K 3分43秒。

1人でペースを作る。

3分40ペースで行けていたと思う。

しんどかったが、

とにかく肩を大きく前後を意識する。

なんとか先行する人をラスト100でぶち抜く。

3K 3分37秒。

平均すると、3分40秒。

一本目と変わらず。

フルマラソン明け4日のダメージはほぼなく、

がっつり走れました♪

ダウンジョグ代わりに、

新木場駅まで走っていく。3.5K。


久々の陸上競技場、

気持ちよく走れました♪


スポンサーサイト

板橋シティマラソン

二週連続でフルマラソン走ってきました。

どうせならと二週連続サブスリーに挑戦してみました。




走るのが決まったのがはなもも翌日の月曜日。

はなもものダメージがあまりなかったのもあり、

どうせならとサブスリーを目指してみました。

とはいえ月曜日にパーソナルトレで追い込んでいたので、

どうかなとも思ってましたが。

水曜日には筋肉痛もなくなり、

行けるかなと思っていました。

木曜日からウォーターローディングとカーボローディング開始。

有楽町ジャポネで横綱スパゲッティを食べたりしました。


土曜日夜に会社飲みで焼き肉があり、

最初からライス片手に肉を食べました。

最後に戻しましたが(苦笑)

当日、

5時半起きのつもりが、

5時にバチっと目覚めてしまったので起きる。

身体を解すために2K走って、

餅を食べる。

大をする。

タイガーテイルで筋膜解して、

バランスボールして、

動的ストレッチして、

体幹トレをする。

いつも通りに一時間かかる。

途中でバナナを食べる。

家を7時55分に出て、

自転車で会場に向かう。

漕ぎながらカステラを食べる。

8時20分に会場でラン仲間と写真を撮って、

エネルギージェルを飲む。


荷物は自転車のかごに、ワイヤーロックを付けて置きっぱなしにしました。

スタートブロックに入ったのは、

8時40分は過ぎていたような。

Cブロックの後ろから入る。

見ると人は多いがあまり詰めていないので、

さくさく前に行ける。

Cの五番目くらいに並べる。

スタート5分か10分前に、

全体的に前に詰めた際、

さらに前に行けて、

Bにちょっと入ったくらいまで行けた。

9時にスタートとなる。

スタートロスは、26秒。

30秒を切れたので、

サブスリーペースで行ける所まで行ってやる!と、

気合いを入れる。

1Kは予想通りの渋滞で走りづらい。

3Kくらいから思うように走れる。

途中でキョウジさん、ファルコンさんに追いつく。

併走して、

一瞬、ファンランに切り替えようかとも思ったが、

「サブスリー行け!」と檄を飛ばされ、

前に出る。

途中でヒロさんに抜かれる。

Dブロックからのはずなのに、

まさか抜かれると思ってませんでした。

5Kのラップを取るのに、

ボタンを押し間違える(泣)

表示がへんてこになり焦る。

ガーミンのラップは、

K4分15秒を維持出来てないのが分かっていたので、

遅れているのは分かっていたが、

大体21分30秒以内では行けてると思ってた。

実際のタイムは、

5K 21:55

かなり遅かった。。。

これが正確に分かっていたら、

10Kをもう少し頑張ったかもしれない。

途中でボタンの訂正をしてまともな表示になる。

10K 21:33

10Kに43分54秒もかかっている

これはさすがにやばいと、

ペースを上げる。

前日の予報では、

9時で風速1m、12時で風速2mだった。

が、旗のはためき方が明らかに強い。

丁度、追い風が強くなった区間だったので、

一気に上がる。

15K 21:03

よし、いいペース。

これを維持する事に。

ただ足は楽ではなかった。

とりあえず、折り返しの江戸一の陣地までは、

このまま行こうと維持をする。

20K 20:46

21分を切りたくなかったが、

切ってしまっていた。

追い風だし、しゃーないと思っていました。

ハーフ地点 1:30:12

後で知ったハーフのタイムでしたが、

なんだかんだでサブスリーペースだったようです。

折り返しでヒロさんがすぐ前にいるのを発見する。

江戸一陣地で応援をもらう。
reaceived_1305894209489991~01~01 
元気が出る。

「2週連続サブスリーしてきます!」

と宣言をする。

言った直後に、

後悔する事に。

15~20K区間、

足が軽くないのに、

20:46出ていたのは、

思ってた以上の風の強さだったようです。

思いっきり向かい風になる。

ヒロさんに追いつき、

しばらく会話しながら併走する。

ヒロさんが遅れ始めた時に、

背がちょい高めの細めながら力強いフォームのランナーが、

追い抜いていったので、

風避けとペーサーにしようと、

ひたすら背後に付いていく。

こんだけ背後に付いていったのは、

久々だと思うくらいに付いていく。

25K 21:15

正解だったようで、

ナイスなペースでした。

はなももマラソンの時は、

姫路城マラソンはここから上げて、

失敗したんだよなと思って笑う余裕がありましたが、

今回は笑う余裕はなく。

26Kくらいに、

消防関係の車が置いてあるせいで、

狭いコースがさらに狭くなる。

非常に走りづらかった。

30K 21:30

ペーサーにしてた彼が、

遅れ始めたので、

10K引っ張ってくれて、

ありがとうと思いつつ、前に出る。

やはり一人でこの風はつらい。

少しでも人の背中に付くようにして走る。

ただ、ペースが遅れているのは分かっていた。

ペースを作れない。

足も重い。

これはやばいなと思いつつ、

遅れていく。

これはもう、

気持ちで持っていくしかない。

残り10Kで時計を見て、

K4分15秒のペースで行けるようだったら、

なんとか奮い立たせて行くしかないと決める。

12時までにゴールするのに、

10Kを42分30秒で行くのだから、

11時17分30秒で通過出来れば、

何とかしてみせる!と、

堪えて走る。

が、つらいのもあり、

残り10.195Kで、

時計を見てしまう。

11時18分くらいだったと思う。

それくらいの誤差、

なんとかなるかも!と、

尻、足を叩いてペースを上げる。

で、気付く。

あ、さっきのは残り10.195Kだ。

そ、それは無理だと、

一気に気持が折れる。。。

思った瞬間から、

更に体が重くなる。

やっちまった。

でも、なんとかK5分で走り抜く。

と、肩を前後に大きく振るも、

全然足が上がらず。

競歩のように、足をするようにして進む。

35K 24:05

更にペースが落ちる。

つら過ぎる。

が、絶対に歩かずに走る。

サブスリーはダメでも、

3時間一桁なら、

まだ格好がつくと、

目標を3時間10分切りにして粘る。

途中、沿道から、

「被り物一位だぞ~」

と言われて元気が出る。

この暑さ、この風のせいか、

この日は仮装、被り物が少なかった。

40K 26:42

とうとうK5分を切れなくなっていた。

時計は2時間59分15秒。

K5分に戻せれば、狙える!

となんとかペースを上げる。

ゴールしてから気付いたんですが、

残り2.195Kなのだから、

K4分53秒以内でないと間に合わない計算なんですが、

今度はいい意味で間違えてました(笑)

遠くに42Kの表示が見えて、

更に遠くにゴールが見える。

ここからは気持ちで走る!と、

ペースが上がる。

42Kを通過し、

残り0.195は、

一気に加速して、

ゴールまでダッシュする。

沿道の応援に応えながらゴールする。

42.195K 10:15



計42.195K 3時間09分30秒。

無事に3時間1桁でゴール出来ました。

諦めなくてよかった。

コースに頭を下げて、

給水をする。


走っている途中で気づいたんですが、

このくらいの暑さだと帽子が汗だくになっているんですが、

強風のせいか帽子が乾いてました。


座りこむようなダメージはなく、

はなもものように歩けました。

先にゴールしていたラン仲間と写真を撮って、

会場を後にしました。

13時には家に着いて、

すぐに風呂入って、

リフレッシュ出来ました。

昼寝して、

17時から肉の大山で打ち上げ。

頑張った体に肉とビールがうまかった♪



2/26に姫路城マラソンでサブスリー、

3/12にはなももマラソンでサブスリー、

3/19に板橋マラソンで3時間10分切り。


一ヶ月でフルを3戦。

3戦サブスリーとはいかなかったですが、

最後まで頑張った自分を褒めたいです。

来月は富士五湖100K。

サブ9.5目指して頑張ります!










古河はなももマラソン

晴天の中、

古河はなももマラソンを走ってきました。

姫路城マラソンから二週間明けでの参戦になります。



前日、

朝、5K走って、

ストレッチポールで筋膜解しして、

クロックハンドして、

ストレッチを計2時間する。

身体はかなり軽くなる。

ウォーターローディング、

カーボローディングも3日間出来た。

用意としては完璧。


当日、

5時半前に起きて、

6時過ぎの電車で古河駅に向かう。

宇都宮線大宮始発の電車を調べてあったので、

全ての電車で座って行く事が出来た。

宇都宮線で餅を食べる。


古河駅に7時半に着いて、

バス乗り場まで結構歩く。

何台もバスが待機しているので、

スムーズに乗れた。

会場に着いたのは、

8時過ぎ。

ゼッケンをもらって、

陸上競技場の芝生にシートをひいて、

のんびり準備をする。

ワセリン塗って、

ゼッケンつけて、

タイガーテイルして、

動的ストレッチして、

体幹トレする。

いつも通りに一時間かかる。

ラン仲間との合流時間になって、

集合写真を撮る。

それから荷物を預けに行ったら、

大誤算で、

とんでもない列になってた。

先に預ければ良かった。。。

トイレに行って、長い列荷並ぶ。

スタートギリギリだしたが、

尿意がずっとあったので、

並ぶ。

終わって、

スタート位置まで走る。

Bブロックだったので、

かなり先だった。

なんとかブロックにたどり着いたのが、

スタート前二分を切っていた。

ただ、

横に柵があるわけでもないので、

入ろうと思えばAの真ん中くらいには行けたような。

全く緊張感もなくスタート。

アップは全くなし。

10時に号砲。

スタートロスは、

24秒。

Bブロックなので、

申請は、三時間切りのはずだが、

ちんたら走ってるのもいて、

イライラしながら抜かす。

まぁ1Kはアップと割り切ってましたが。

今回は、

K4分13秒でひたすら行く。

残り5Kまでは上げ下げしない予定でした。

5K 21分14秒

いきなり遅れる(苦笑)

まぁ、なんとかなるさと、

全然気にせずにいく。

足を使う事なく、

肩を前後に大きく振って、

お尻でストライドを伸ばすイメージで。

10K 21分07秒

今回は、設定通り。

さすが俺と思ってました。

15K 21分02秒 、想定内。

21分は絶対に切らないようにと思ってました。

が、

20K 21分35秒 

ビックリしましたね。

19Kで時計を見た時に、15K地点で押し間違えたか?

と思ってくらい。

が、たぶん、落ちてしまったのは、

なんか足の前側が少しつらかったので、

落ちてしまったようです。

フォームが悪いせいだと、

足を前に持ってこないように意識しました。

ハーフの表示はなかったような。
23K地点の給水所で苺があった。中央側を走っていたので、間に合わず。
いい匂いだったなぁ。

 25K 21分16秒




姫路城マラソンの27K地点で、

もう15Kしかないのか、

上げても大丈夫だなと、

上げて痛い目を見ていたので、

27K地点を通過時に、

今回はそんな失敗をしないぞと、

笑いながら走ってました(笑)

30K 21分11秒

足はまだ残ってる感があったので、

サブスリーを確信しました。

が、これは根拠のない自信で、

ここまでどのくらいの余裕があるのか、

逆にないのかを把握してませんでした(笑)

35K 21分39秒

これは少し動揺しました。

K4分15秒ペースで行ってるつもりだったので。

足に余裕があった訳ではないですが、

廻りより少し早いペースで、

抜いていく事が多かったので。


丁度、このくらいの時に、

女子一位の人が力強いフォームで抜いていったので、

ペーサーにして付いていく事にしました。

K4分15秒より早い感じがして、

廻りをぐんぐん抜いていきました。

これはいいと付いていきました。
画像2 

残り5Kの表示はなかったような。

それで残り時間の計算が出来なかったです。

40K 21分02秒


このまま付いていけばよかったんですが、

給水で離れた時に、

追いつけなくて、

いや、正確には気持ちが負けて、

付いて行けなかったです。

K4分15秒でいけば、

サブスリー出来る計算を残り2、195Kで出来ていたのも、

負けた要因です。

中央運動公園に入り、

残り1Kの表示があり、

サブスリーを確信する。

陸上競技場のトラックに入り、

ここは抜きどころ!と、

アウトからどんどん抜きました。

そのままゴールを駆け抜けました。

公式時計を見る余裕がなかったです。

手元の時計で、3時間を切っていて一安心しました。

完走証をもらう。

2時間59分41秒。
DSC_0026.jpg 
余裕がなかった(苦笑)



感動はまったくなかった。

達成感もあまりなかった。


大したダメージもなかったので、

しゃがみこむ事もなく、

普通に歩けました。

姫路城マラソンの時は、

30分以上、びっこひいていたくらいなのに。


ライバル達も皆、

サブスリー出来ていた。

後半の折り返しで気づいていれば、

追い抜いてやると、

もっと頑張れたと思う。

残念。。。


混まない内に都内に戻ろうと、

プロテイン+アミノ酸+マルトデキストリンを飲んで、

さっさと着替えて、

顔だけ洗って、

まだ混んでないバスに乗って古河駅へ。

14時10分前の電車に乗って、

座って帰れました。

電車でペッドボトル500mlを2本飲みました。

ジムに行って、

風呂入って、

交替浴をして、

疲れを取る。

ストレッチエリアで、

ストレッチポール10分して、

ストレッチを25分。

すっきりする。

赤羽駅まで戻って、

ランニングサークルの打ち上げ。

楽しく騒いできました♪


打ち上げの席で、

はなももマラソンの話をした時は、

淡々と語っていましたが、

姫路城マラソンの話をした時に、

ラスト5Kを思い出し、

涙が止まりませんでした。。。

二週間経っても、

思い出し泣きするくらい感動した姫路城マラソン。

思い返しても感動すらしないはなももマラソン。

マラソンっておもしろい。











姫路城マラソン

姫路マラソンに初参加してきました。

口コミ通り、 沿道の応援が素晴らしい大会でした。

前日、 観光でかなり歩いて、 
  
レンタルサイクルでかなり走り廻って、 
1020742.jpg 

アクティブレストとしては、 

やややり過ぎな感が。

会場でゼッケンを受け取り、

姫路城マラソン祭りへ。
1020765.jpg 

 会場から徒歩一分もかからない 

ドミトリーに2800円で泊まる。 
1020770.jpg 
晩御飯は讃岐うどんとオニギリ。 

早めに就寝するも、 早めに目覚めて、 

隣のいびきがうるさいのもあり、 

なかなか寝られない。 

浅い眠りを繰り返す。

 いつもの起床時間の5時30分前に起きる。

 2キロを身体を解すために走る。 

身体は軽かった。 宿に戻って、 

パンと団子を食べる。 

タイガーテイルをしっかりやって、 

バナナを食べる。 

動的ストレッチして、

体幹トレして、 着替える。 

荷物を持って、 7時50分に宿を出る。 

荷物を預けて、 スタートエリアに行くと、 

8時15分からの整列開始に並んでいる人が何人か。 

これはと、すぐに並ぶ。 

現場に使ってたヤッケと、 

前日、100円ショップで買った ネックウォーマーと、 

タオルを腹巻きにして、 冷えないようにする。 

エネルギージェルを飲む。

 15分になり、 整列開始で、 

スタート位置にダッシュする。

まさかの最前列ゲット! 
DSC_0408.jpg 
座ってひたすら待つ。 

30分にアミノ酸と塩を飲む。 

40分になり、 

開会式が45分から始まるので、 

皆で立つ。 
    
私は尿とりパットをしていたので、

 さっさとして取り外したかったが、 

最前列で目立つので、タイミングを伺う。 

風間寛平が激を入れる時に、 

尿とりパットにして外す。 

ヤッケとタオルも外す。 

ゲストランナーが入ってくる。

 距離は1m以上あり、 

そのまま詰める事なく、

スタートとなる。 
DSC_0411.jpg 
9時号砲。 

後で確認したら、スタートロスは、

 1秒(笑)

 これが後半、

自分を救ってくれるとは、 

夢にも思わなかった。
 
今回のレースは、

大阪マラソンで前半に突っ込んで自滅した反省を踏まえ、 

とにかく17K過ぎの緩い登り坂が終わるまでは、

我慢しようとする事に。 

K4分15よりで刻んで、 

5Kを21分10秒より早くならないようにする。 

ただ、 最前列スタートの関係で、 

スタートダッシュだけはしました。 

皆が右側に寄っていくので、 

私は左側に行ってペースを落としました。 

1Kの表示を発見出来なかったので、 

ラップは見れませんでしたが、

 後でガーミンで見ると、4分9秒でした。 

3Kくらいまで、 足先が冷えていて、

 着地の感覚が鈍かったです。

 それがなくなってくると、 

今度は両足裏に痛みが出てきました。

 後半ならまだしも前半で? 

良くも悪くも、 ペースを上げられなかったです。 

最近やっている 肩を前後に大きく振って、 

尻で押してストライドを伸ばす動きをして、 

丁度、K4分15秒になりました。 

先週の月例横浜マラソン20Kでこれをやったら、

 K4分15秒を切っていたので、

 ホント良くも悪くもでした。 

5K 21:17

 サブスリーのペーサーは2人かと思っていたら3人いて、

 最初から別々に走ってました。 

一人目のペーサーが読み上げたラップが4分06秒だったので、 

かなり早かったです。

 2人目のペーサーも抜いていく。 

3人目のペーサーが来て、 3人いたのかと気付きました。 

その3人目のペーサーの真横に付いていきたい

ランシャツのランナーが、

 ぶつかって無理矢理抜いて行きました。 

「おい!」と言うと、 手を挙げてましたが。

10K 21:24

 17K過ぎの折り返しまで、

 足裏の痛みをひたすら我慢していると、

 両足裏の痛みは消えてくれました。 

15K 21:26

2区間遅れてしまってましたが、

まったく焦る事はなく、

17Kまではペースも我慢と、

そのままにしました。


 そして折り返しになり、 

今度は緩い下り坂を下って行く事になります。 

ハーフのタイムを1時間30分を切っておきたかったので、

初めてペースを上げる事を意識しました。

 そのまま4分13秒のイメージで走りました。 

すると遠くに見えていた 3人目のペーサー軍団が見えてきたので、 

遠いながらもペースの目安にする事に。

 すると、 ペーサーの真横に付きたくて、

 無理矢理抜いていったランシャツが 一人落ちていました。

 20K付近で、 地元ラジオ局が事前に募集したメッセージを

 読み上げてくれるというサービスがあり、 

ラン仲間、カフェ英会話仲間に頼んで、

 最低でも10枚はあったはずだが、 

まさかの一枚も読まれず(泣) 

ちゃんと予定通過時刻まで書いていたのに。

 今回、 エネルギー補給として、

 スポーツ羊羹2本と、 メダリストとマグオンにしました。

 スポーツ羊羹、 安くて気に入っていたのですが、 

先週の月例横浜マラソン時に、 

テストで使ってみたら、

 意外にスッと摂る事が出来なくて、 

前半はいいとしても、 後半にはストレスになると踏んで、 

後半用にジェル2本にしました。 

アミノ酸と塩を溶かしたのを、 

サロモンのソフトフラスコに入れてありました。

スマホも入れてあったので、 

ウェストポーチは手に持つと、

 結構重くて大丈夫か?と、 

思っていましたが、 腰に巻き付けると気にならなかったです。 

K4分13秒のペースのつもりで淡々と行く。

 途中、沿道の大声援もあり、 楽しく走れました。 

何にもない場所に、

あまりマラソンに縁がなさそうな年配の方が

何十人も立っているのがあり、 ?と思っていたら、 

近くに大型バスが止まっていて、

姫路城マラソン応援バスと書いてありました。

こういう場面が何か所もあり、

地域全体で姫路城マラソンを盛り上げているのが分かり、

走っていてとても嬉しかったです。

この日は極力、沿道に手を振るようにしていましたが、

さらに回数を増やしました。

20~25Kまでは特に何もなく、

淡々と進みました。

3人目のサブスリーのペーサー軍団が

少しずつ近づいてきました。

25K 21:02

K4分13秒のつもりだったので、

いいペースでした。

この辺でメダリストを飲みました。

K4分13秒のまま行くつもりでした。

が、26、27K辺りの応援が凄い!

めちゃくちゃ盛り上がりました♪

ので、ついついペースが上がってしまってました。

はっきりと覚えているのが、

26K通過時に、

「あれ、もう残り16Kでいいのか」

27K通過時に、

「あれ、もう残り15Kでいいのか、

サブスリー見えたな♪」

という気の緩みと大声援のあり、

ペースアップして、

3人目のサブスリーペーサー軍団を抜かして、

そのまま行く。

30K辺りからサイクリングロードになり、

口コミ通りに沿道の応援が近くなり、

更に盛り上がる。

30K 20:47

この日の最速区間。

絶対に出さないと決めていた

K4分10秒を切って、K4分09秒ペースです。

その反動は直後に来ました。

31K辺りで一気に足が重くなりました。

なんとかしなくてはと、

フラスコのアミノ酸・塩を飲む。

一気に飲んだせいかむせて、

吐きそうになりました。

水が欲しかったですが、

給水は33.8Kまでなく、

苦しかったです。

そして、夢前川での最後の折り返し直後、

足が止まりました。

32Kくらいでした。

体が重く、全然前に進まない。

なんでここまで急に?と

思っていました。

が、後で思い返してみたら、

川での折り返しなので、

この区間は緩やかとはいえでも登りだったんですよね。

そんな事にすら気付かないくらい

ヘロヘロでした。

女子3位の方に抜かれました。

が、女子4位の人は抜きました。

33.8Kの給水前にマグオンを飲む。

33K 4分08秒

34K 4分18秒

35K 4分22秒まで落ちました。


35K 21:11


36K 4分33秒

37K 4分40秒とみるみる落ちていきました。

正確な残りタイムは見てないものの、

前半に貯金は作ってないし、

この体の重さ、ラップの落ち方では、

今回はサブスリーは無理だと諦めました。



が、

が、

が、

残り5Kで、

トータルタイム見て、

残り時間計算すれば、

なんとかスイッチが入るのではないか?

K4分30秒くらいならまた上げられるのではないか?

と思い直して、

残り5Kの表示で時計を見る。

頭も朦朧としていたので、

はっきりと覚えてないが、

2時間38分30秒くらいだった。

K4分15秒ならサブスリーいける!

K4分40秒まで落ちているのに、

行けるか?

普段の私なら、

「俺なら行ける!絶対に俺なら行ける!」

と思っていましたが、

なぜか今回は、

「こんな俺に期待してくれている人達の想いに応えたい!

その想いを裏切りたくない!」

と、

尻、足を叩いてペースを上げる。

なんとかK4分15秒ペースになる。

市街地に戻ったという事もあり、

沿道の応援も増える。

声を掛けられる度に、

「ウィ!」

「はい!」

「しゃぁぁ!」

と声を出す。

これは自分を鼓舞するためにしました。

2Kほどでペースが落ちてしまったので、

また尻、足を叩く。

「まだまだ~」

と声を出す。

1Kほどでペースが落ちてしまたので、

また尻、足を叩く。

なんとかペースを戻す。

40K 22:10

姫路城が一瞬見える。

「見えた~。待ってろよ~」

と大声を出す。

そして、

残り1.5Kくらいから、

姫路城廻りという事で、

人がかなり増える。

が、声を掛けられたかどうだったかは、

全く覚えていません。

それくらい苦しかったです。

女性3位の方を抜く。

大手門から城内に入る。

ゴールにある公式時計が2時間58分台というのが見える。

トラックのように廻りこむので、

残りどのくらいの距離だかは分からない。

間に合うかわからないけど、

行くしかない!と、

最後の力を振り絞る。

最後の直線を3分の1過ぎたくらいで、

サブスリーを確信する。

右側に二人のランナーが駆けこんでいたので、

左側に行く。

が、そこには2人目のサブスリーペーサーがいて、

俺のゴールシーンを邪魔するな~と、

思う余裕が最後ありました(笑)

ゴールに飛び込んでいって、

2時間59分49秒。


やり切りました。

なんとかサブスリーを達成する事が出来ました。

ゴール後、

吐きそうになり、

歩くのもままならないほどのダメージがありました。



3人目のサブスリーペーサー軍団には、

最後抜かれる事がなかったので、

サブスリー出来なかったのでは?



宿で着替えて、

駅反対側にある銭湯に入ってすっきり。

食欲もなく、ビールも飲みたくなかったです。

ただ水分は異様なくらい欲しがっていたので、

2時間でペットボトルを4本買いました。


神戸までの電車で、

FBに写真・記事をアップしました。

書いていて、

残り5Kの事を思い出し、

涙が止まりませんでした。

昨年の東京マラソンでサブスリーをした時、

ゴール直後に号泣しましたが、

今回のように思い出して泣くというのはなかったので、

自分でも凄く不思議でした。

応援・期待に応えたいという気持ちが、

力を生み出していたからですかね。

レースで人にこんなに感謝の気持ちが出たのは、

初めて出た夢の島24時間マラソン以来かもしれません。


今回の姫路城マラソン、

また一つ、忘れられないレースとなりました。





5K    21:17
10K  21:24
15K  21:26
20K  21:15
25K  21:02
30K  20:47
35K  21:11
40K  22:10
42K    9:18

計 2時間59分49秒


DSC_0413.jpg


DSC_0419.jpg 


 DSC_0418.jpg 

月例横浜マラソン20K

晴天の中、月例横浜マラソン20Kに参加してきました。

本番一週間前にいいペース走が出来ました。




前日夜、ストレッチポールして、

ストレッチしてから、

プールで1K泳いで、

オレンジジュース500mlと、

潮大福を2つ食べる。

帰り道、食パンを何もつけずに3切れ食べる。

その他、昼に蜂蜜を多く摂る。


当日、5時半起きのつもりが、

5時に目が覚めてしまったので、

起きてタイガーテイルで筋膜解しを30分。

餅をきなこと蜂蜜で4つ食べる。

バランスボールで骨盤廻りを整える。

かなり時間があったはずが、

気付いたらいい時間になっていた。

コンビニでオレンジジュース500mlと

カステラを買う。

7時45分くらいの電車に乗る。

カステラとオレンジジュースを二回に分けて摂る。

菊名駅から走っていく。

1.3K。

前日夜は小雨が降っていてたが、

快晴になっていた。

8時に会場に到着する。

エントリーして、

アップをする。

体幹トレして、

動的ストレッチする。

流しはしなかった。

レース前にアミノ酸、塩を摂る。

今回のレースは、

最終調整なので、

K4分15秒のペースを身体に覚えさす。

携帯した補給食を走りながら食べる。

携帯した自作塩カプセル、アミノ酸をケースに入れて摂れるか。

この3つが目的。

ので、スタートはあまり前には行かず。

スタート直後は、

中々ペースに乗れなかったが、

徐々にペースに乗れてくる。

身体の調子がいいので、

楽に4分15秒まで上げれる。

風が強かった。

ペースに慣れてくると、

心拍数が150台で落ちつく。

これを160までいかないようにして、
このペースで走りたい。

足を使わずにペースを作ろうと、

肩を前後に振って、

ストライドを広くしようすると、

ペースが上がってしまう。

この辺が課題か。

10Kでスポーツ羊羹を食べる。

久々に食べたが、

ジェルの方が摂りやすかった。

自作カプセルは、小分けしてあったが、

このペースだと摂りづらかった。

12Kくらいから、

心拍数が160を超えそうになる。

足も少しだけつらくなった。

が、

15Kくらいから、

心拍数が150ちょいに下がり、

足も楽になる。

風のせいか。

肩を前後に振って、

ペースを作る。

ストライドを大きくする。

ラスト上げるつもりはなかったが、

しっかり肩振ったら、

ペースが上がっていた。

追い込むことなくゴールする。


20K 1時23分48秒。

予定より1分早い。

心拍数平均は、150台で収まってくれていた。

本番前にいい最終調整が出来ました。


後は一週間、疲労を抜くのみで、

本番を迎えます。





3000+2000+1000

江戸陸の練習会に行ってきました。

気持ちよく追い込む事が出来ました♪




仕事を終えて、

西葛西駅へ。

江戸陸まで走ってく。1.2K。

いつも通りに、

タイガーテイルで筋膜解して、

体幹トレして、

動的ストレッチをする。

やはり一時間かかる。

トイレで大をする。

アップは、裸足でする。1.5K。

靴履いたら凄く違和感があった(苦笑)

ランシャツ、アームウォーマー、

ランパン、ゲイター、セン2ブースト。

流しを3本する。

肩を前後に大きく動かす。

そのせいか肩甲骨と股関節の連動性が良かった。

メニューは、

3000+2000+1000を14分、24分回しで。

10月にこのメニューをやった時は、

3分40秒+3分35秒+3分30秒を目標でやったが、

2000はグダグダになってしまってた。

今回も同じ目標にしたが、

身体のキレからいって今回はいけると思ってました。

3000スタート、

入りの200、43と設定通りでした。

1000、3分42秒。

少し遅れてしまったので、

トータルで合わせようと思いました。

2000、3分40秒。

3000、3分34秒。

ちと早かった。

が余裕はまだありました。

息をきっちり整えて、

2000スタート、

1000、3分37秒。

遅れてしまったので、

トータルで合わせようと、

スピードを上げようとするが、

上がらない。

むしろ1400くらいはキツかった。

なんとか落ちずに、

2000、3分34秒。

許容範囲ですね。

息をきっちりと整えて、

1000スタート、

肩をしっかり前後に振ったら、

気合いを入れていたのもあり、

先頭軍団に付いてしまう。

200のラップを見る余裕がないくらい辛い。

付いていけたのは400まで。

離されてく。

600くらいからヘロヘロになる。

肘を動かして進む。

ラスト150でなんとか盛り返してスピードを上げる。

1000、3分18秒。

久々に3分20秒を切れました♪

3000、2000を目標通りにこなして、

1000をここまで上げられるとは♪

身体がキレてますな♪

ダウンジョグはせずに、

すぐに着替えて、

新木場駅まで走ってく。3.6K。




今日もいい練習でした♪












二日連続で高尾山陣馬山

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

雪上高尾山陣馬山トレラン

高尾山陣馬山トレランをしてきました。

初の雪上トレランになりました。




11日、

前日、終電間際で帰ってきて、

さっさと寝るも、

予定の3時45分には起きられずに、

4時15分に起きる。

用意して家を出たのが5時。

大倉から鍋割山に登るべく、

首都高に乗って、

東名を走っていたら、

厚木から裾野まで雪で通行止めになっていたので、

下道で行こうかと思ったが、

山は雪で凄い事になってるかもと、

急遽、高尾山に変更する。

6時過ぎに駅前駐車場に。

さすがにガラガラ。

あまりストレッチもせずに、

行動開始。

高尾山口駅、ひっそりとしていた。
1020124.jpg 

駅前、寒々としていた。
1020123.jpg 

清滝駅までの道も寒々としていた。
1020125.jpg 
6時25分から登り始める。
1020126.jpg 

いつものように6号路を行く。

1020127.jpg 
思ったほど滑らなかった。

人はかなり少ない。

この時間から登ると、

高尾山山頂までに、

4組以上は追い抜きますが、

この日は1組のみ。


高尾山山頂。
1020128.jpg 

3、4組はいたような。
1020129.jpg 

1020130.jpg


山頂からの富士山が綺麗。
1020131.jpg  

高尾山から奥は一気に雪が増えました。
1020132.jpg

1020133.jpg


雪、全然滑らなかったです。
1020134.jpg 
もみじ平辺りからの富士山。
1020135.jpg  
下りはおそるおそる走ってみました。
1020136.jpg


景信山から富士山。
1020137.jpg

 雪道に もだいぶ慣れてきました。 

重い雪ではなくて、

新雪で深くないので、

問題なく走れました。
1020138.jpg 

景信山より先は、足跡が減って、

途中から一人目の足跡になりました。

1020139.jpg 


陣馬山からの富士山。
1020140.jpg 神々しいくらい格好良かったです。


綺麗な青空にモニュメントが輝いてました。
1020141.jpg


 この日、

さすがにトレランしている人はいないだろうと思っていたら、

登山の人よりトレランが多いくらいでした(笑)

陣馬山山頂には登山の人が結構いましたが。

足跡からして、

皆、陣馬高原下から登ってきたのでしょうね。

写真を撮ってもらう。
1a020142.jpg

パン食べて、さっさと下る。

高尾山まではしっかり雪があり、

滑る箇所もなくて、

走っていて気持ちがよかったです。

景信山の頂上付近だけは、

雪がなくて泥だらけでしたが。

高尾山に戻ると、

意外に人がいてビックリしましたね。

こんなコンディションでも登るんだ。

稲荷山ルートで降りましたが、

全然雪がなかったです。

高尾山頂上付近と登り始めだけは、

凍ってましたが。

雪上トレラン、

初体験でしたが、

面白かったです♪

巻き道を一切使わなったとはいえ、

思ったよりもかかりましたが(苦笑)

駐車料金も1000円上限でした。

せめて上限いく前に帰ってこないとな。

Screenshot_2017-02-11-13-57-23~01 
 

1000*6

約2ヶ月振りに、

江戸陸の練習会に参加してきました。

やはり江戸陸はいい。

ホーム感がある。




仕事を終えて、

タイガーテイルで筋膜解してから、
 
静的ストレッチして、

動的ストレッチして、

軽く筋トレをする。

45分かかる。

西葛西から江戸陸まで走っていく。

1.3K。

江戸陸着いてから、

体幹トレ。

靴は戦2ブーストにカスタムインソール。

アップジョグを1.2Kして、

流しを2本する。

尻筋で蹴れているのが分かった。

メニューは、

1000を6本、5分30秒廻し。

6本共、3分35秒を切って、

ラスト2本を上げたい所。

1本目の入り200は、42秒。

いい感じ。

だが途中でなんとなくだれる。

3分36秒。

2本目の入り200は、42秒。

同じく途中がだれて、

3分36秒。

ここから途中でだれる事なく行ける。

3本目、3分34秒。

4本目、3分33秒。

5本目、3分32秒。

6本目、200から突っ込む。

600から落ちそうになるが、

何とか持ち直す。

最初の2本がイマイチだったから、

ラストは3分22秒を切りたかったが。

ダウンジョグは、裸足でする。

ペースは5分30秒と裸足の割には早かった。

2.2K。

新木場駅まで走ってく。

身体はあまり重く感じなかった。

3.4K。

最寄り駅から家まで走ってく。

1.3K。


風呂入って、

青学ストレッチして終了~。



やはり江戸陸の練習はいいなぁ。

とりあえず、完全復活しました♪




3ふん20秒

新宿シティハーフマラソン

今年も新宿シティハーフマラソンを走ってきました。
 
去年からクリック合戦に戻って、
 
今年もなんとかクリック合戦に勝つ事ができて、
 
走る事ができました。
 
 
 
12月上旬に右足脹脛ヒラメ筋を軽度の肉離れをして、
 
よくなっては再発をしてを一ヶ月半繰り返して、
 
17日からまともに走れるようになってました。
 
10日間で体を仕上げて、
 
なんとかいい状態でハーフマラソンを走る事が出来ました。
 
 
当日、
 
5時起きして、
 
レース三時間前までに朝ご飯を終わらそうと、
 
餅4つをはちみつときなこで食べ終える。
 
タイガーテイルとストレッチポールで筋膜を解して、
 
静的ストレッチをして、
 
ファイテンのクリームを全身に塗ってとかをしていたら、
 
予定の出発時間を大幅に遅れてしまう。
 
電車でバナナ2本とカステラを食べる。
 
塩、アミノ酸ドリンクを飲む。
 
千駄ヶ谷駅から球場まで走っていく。
 
体幹トレをしてから、
 
荷物を預ける。
 
寒くもなく、
 
気温が上がるとの事だったので、
 
アームウォーマー、手袋も外す。
 
ランシャツ、スパッツ、ゲイター。
 
靴は卸したての練ブースト2。
 
去年と同じ所で流しを何本かする。
 
そのまま絵画館のトイレで小をする。
 
10分前にスタートブロックへ。
 
今年はBブロック。
 
Bはそんなに列が長くないので、
 
後ろから並んでもよかったが、
 
相変わらず前の方も空いているので、
 
前の方に並ぶ。
 
Aもそんなに長くないので、
 
スタートラインまで7、8列目くらいだった。
 
アミノ酸、蜂蜜、塩が入ったドリンクを飲む。
 
今回のレース、
 
スピード練習を一回しか出来てないが、
 
キロ4分で行けるとこまでいってみる事に。
 
8時半スタート。
 
スタートロスはわずか4秒。
 
1Kで4分を切っていた。
 
思ったよりもペース感覚は悪くなかった。
 
折り返し、急な曲がり、急な登り下りをして、
 
5K 20分31秒。
 
悪くない。
 
特に遅れを取り戻そうとも思わずに、
 
このままのペースで行く事に。
 
10K 20分29秒。
 
これが丁度いいペースのよう。
 
15K 今年も場所が分からずにラップを取れず。
 
御苑トンネルを出て、
 
周回遅れのランナーと合流する。
 
明治通り、
 
ここは飛ばし所と、
 
前のランナーをパスして、
 
周回遅れの人達に、
 
『右、空けてください!』
 
を連呼して気合いを入れる。
 
キロ3分45のラップもあるくらい。
 
千駄ヶ谷駅前の直線は、
 
少しへたってしまって、
 
呼吸、フォームがかなり乱れていた。
 
最後の給水をとりたかったが、
 
周回遅れが群れをなしていたので、
 
接触のリスクを避けるためにスルーする。
 
なんとかフォームを戻して飛ばす。
 
20K 40分22秒 (10K)
 
最後の緩い上り坂、
 
肘をしっかり振って登る。
 
が、ここでへたる。
 
球場に入るまでに2人ほど抜かれてしまう。
 
フィールドに入る下りを利用して、
 
スピードに乗ってゴールまでダッシュする。
 
 
1時間25分50秒。
 
去年より1分遅い。
 
まぁ、今の練習量を考えれば上出来でした。
 
 
去年は一人で参加でしたが、
 
今年はチームの仲間と走って、
 
チームの仲間が応援に来てくれてと、
 
より楽しめました♪
 
 
いいレースでした♪