FC2ブログ

上高地~西穂~ジャン~奥穂、縦走登山

最高の天気の中、

日月で穂高縦走してきました。


日 1時起きして、

1時45分に家を出て、

4時45分に沢渡に着く。

梓第一にすんなり停める事が出来て、

タクシー相乗りしたいなと思っていたら、

3人組がいて、運良くすぐに相乗りすることが出来た。

一人1050円。

前日は相当混んでたよう。

帝国ホテル前で降りると、

廻りには全く人がいなかった。

ヘッドライトを点けて歩く。

田代橋で用意をしているうちに、

明るくなってきた。

今回はドイターの40Lザックを使用。

30Lザックでも入ったが、

ある程度の重量があったので、

腰ベルトに荷重をかけるために、

40Lにした。

マットは横付けにした。

水分は、ハイドレ2Lと1L。

肩甲骨、股関節を解してからスタートする。

5時30分 西穂高登山口 1502m

噂通りによく整備されている登山道だった。

歩きやすかった。

途中、急登も出てくる。

汗は少し出るくらいですんだ。

西穂山荘までコースタイムは3時間半だったか。

周回する人は2時間かかっていなかったので、

2時間切を目指していた。

人とは分岐直前まで全く会わずに、

快適に歩けた。

4組くらいとすれ違って、

分岐に着いて、

7時10分 西穂山荘 2359m

90分で上がれた。

ヘルメットを被ってすぐに出る。

ここから眺望が一気に開ける。

焼岳、笠ヶ岳を見ながら登る。

2年前、西穂から西穂山荘まですぐに下った記憶があったが、

登りのせいか遠かった。

7時25分 丸山 2452m

8時00分 独標 2686m

ここから一気に人が減る。

アップダウンが続く。

前のグループを見つけると、

次の登りまでに抜こうとか、

考えながら歩く。

快適に歩いていたが、

西穂頂上直下で、

渋滞にあう。

鎖場なので仕方ないが、

下りの団体ツアーが15人くらいいて、

皆、ハーネスを着けていて、

笑えるくらい下手くそで、

時間がめちゃくちゃかかっていた。

そりゃあ時間がかかるわ。

結局、15分以上待ったような。

9時10分 西穂 2899m

奥穂、ジャンダルムが見えた。

裏銀座も見えた。

明確にわかったのは黒部五郎岳だったが。

槍ヶ岳もはっきり見えた。

いつか槍まで繋いだルートもやりたい。

西穂から先は更に人が減る。

次のピークから西穂山頂を見たら、

激混みだった(苦笑)

人は少なくなったが、

鎖場は多少待つ事になる。

待っていて、

遠慮なしに来る時は、

声を掛けて待ってもらった。

そんなのが2箇所あった。

間ノ岳の登りは、

落石しやすい箇所が多かった。

2年前、ここの下りで大きな落石をしてしまったのを覚えている。

10時00分 間ノ岳

逆層スラブが見えてくる。

長い鎖場なので、

人がいなくなるまで、

ハイドレに水を入れたり、

パン食べたりと休憩した。

逆層スラブ、

2年前は降りるさいに、

鎖を使ってしまっていた。

登りなので使わずに行きたいと思っていたら、

一箇所のみ無理矢理登るだけで、

後は普通に登れた。

どこの箇所だったか、

下りの鎖場で、

身を乗り出して下るようになるところは、

結構怖かった。

なんとか鎖を使わずにすんだが。

ジャンが近くなってくる。

ジャンの手前で一気に下る。

ここまで下るんかいと思ったくらい下った。

んで登り返す。

長くつらかった。。。

12時35分 ジャンダルム 3163m

やっと着いた。

2年前はジャンから西穂まで、

間違えそうになった箇所が何度もあったが、

今回はほとんど迷うことがなかった。

これは成長したのか、

西穂からジャンはルートが見やすかったのか。

山頂から360度の絶景を味わう。

槍への稜線が綺麗に見えて素晴らしかった。

少し休んで奥穂へ向かう。

ジャンから奥穂には、

ロバの耳と馬の背がある。

前回はロバの耳がどれかわからなかったが、

今回はこのえげつないアップダウンの事かと、

よくわかった。

ロバの耳で、前回は鎖を使った箇所でも、

今回は使わずにいけた。

これは成長の証か。

馬の背、

初めて通った時はびびりまくっていたが、

今回は背にまたがるように登っていくと、

全然怖くなかった。

ホールドも大きくしっかりしているし。

途中で何度も写真撮る余裕もあったし。

さくさく登る。

13時35分 奥穂 3175m

奥穂山頂は混んでいたのでスルーする。

って、ここから人が一気に増えるのは予想していたが、

予想以上の人だった。

仲間達と穂高山荘に14時集合としていたので、

走れば間に合いそうだったが、

とてもそんな状況ではなかった。

とりあえず半分くらい降りていくと、

仲間達が上ってきてくれて、

合流することができた。

荷物背負ったまま、

またジャンダルムに行く事に。

馬の背を下る、

慣れとは怖いもので、

全く何とも思わなくなっていた。

この疲れた身体で、

ロバの耳を下って登るのかが億劫になっていたくらい。

初ジャンの仲間達も、

私に散々トレーニングをやらされたおかげで、

あまり怖くなかったそう。

ロバの耳の危険箇所で、

ここは鎖使ってもいいよと言ったが、

誰も鎖を使わなかった(笑)

ジャンの頭を巻いて下りる際に、

足場のボルトが曲がっていたりして、

難儀したくらいで、

問題なくクリアしてくれた。

15時30分 ジャンダルム

山頂は貸切♪

仲間と見る360度の絶景は最高だった。

皆、いい笑顔していた。

奥穂に戻る。

誰もいなかったので、

時間をかけて行く。

馬の背では、

休憩して写真撮るくらい余裕があった(笑)

17時25分 奥穂

さっきまで激混みだった奥穂は、

ガラガラだった。

この時、雲海が出ていて、

見渡せる山は2500m以上の山しかなく、

何とも言えない絶景だった。

日の入りは少し下がった所で見ようと、

少し降りて日の入りを見る。

モルゲンロートを見ることができた。

何とも贅沢な景色だった。

18時前に日が落ちて、

急いで穂高山荘に向かう。

18時20分 穂高山荘

ヘッドライトをセットしていたが、

なんとか使わずに降りてこれた。

この日、テン場はいっぱいだったが、

仲間が昼前に着いて張っていてくれたので、

テントに入るこむ事が出来た。

山荘は、布団一つに二人だったので、

普通の混み具合だろうか。

晩ごはんは、5回転したらしい。

月も綺麗で、星空も綺麗だった。

フリース、化繊ダウンで丁度いいくらい。

私は疲れきっていたので、

20時には寝ていた。

4時過ぎに目が覚めて、

4時45分に起きて、

お湯沸かしてコーヒーと、

パンを食べる。

5時半にテントを撤収始めて、

5時50分に山荘前に行けた。

生憎の天気で、

ガスと小雨だった。

風がないのが幸いだった。

6時過ぎに小屋を出発する。

奥穂まではちょい遅いくらいだったが、

吊尾根に入ってから、

遅れに遅れる。

昨日で集中力が切れたのか、

皆、ぐったりしていた。

CT×1.5くらいかかったのでは。

紀美子平で休憩する。

直下の鎖で渋滞していた。

あまりにもうちらが遅かったので、

後ろにいた人ほとんどに抜かれた。

この先、迷うポイントもなかったので、

先に下りる。

抜かれた人をほとんど抜き返したと思う。

岳沢小屋に着いて、

マットを広げて昼寝する。

仲間が着いたのは1時間後だった(苦笑)

休憩して下りる。

ここからはCTくらいで下りられた。

14時05分 岳沢登山口

やっと下りてこられた。

私一人だったら2時間半で行けたな。

上高地まで歩き、

バスは長蛇の列かと思いきや、

すんなり乗れた。

前日は、相当な列だったらしい。

沢渡に戻ってきて、

風呂入って食事して、

沢渡を出たのは17時半。

家に着いたのは21時半。

長い二日間だった。













スポンサーサイト



海抜0mから富士登山

今年2回目となる海抜0mから富士登山に挑戦してきました。

二ヶ月前は、五合目で強風、雨で撤退しました(泣)

今回は頂上に立つことが出来ました。

事前の情報で、

風がかなり強いのと気温も低いとの事だったので、

防寒の用意しました。

20Lのザックはパツンパツンでした。

吉原駅に20時に集合して、

海で海水をすくって、

20時25分 貝塚からスタート。

今回は市内も道を間違える事なくスムーズに走る。

国久保2丁目交差点から坂道が始まる。

21時12分 ミニストップ 富士石坂店

予定通り、第一休憩。

ひたすら登り坂を走る。

途中から歩く。

ここから先は一切走らなかった。

22時18分 セブンイレブン 八王子町店

最終コンビニとなる。

22時41分 よもぎの湯

ここから単調の登りが続く。

眠気もマックスになり眠くなる。

12時31分 分岐の手前にある

中継点ふじひのきパークのベンチで、

少し寝る。

少しでも眠るとスッキリした。

ここから左にアップダウンする。

これがまた長い。

折り返して富士山スカイラインに入る。

2時16分 表富士グリーンキャンプ場

最終水場となる。

給水して少し寝る。

また長い道路を歩く。

旧料金所が見えるとほっとする。

4時18分 旧料金所

ここでも少し寝る。

ここからやっと登山道になる。

歩きやすいコースを登る。

途中で日の出となる。

2.5合目辺りで少し寝る。

森林限界点を超えて、

風にさらされるが思っていたほどではなかった。

ここまですれ違った、追い抜いた登山客は、

誰もいなかった。

7時16分 宝永山荘

月見うどん800円とコーラ200円。

温かい食べ物がおいしかった。

富士宮口は登りも下りも同じ道だが、

混雑はしなかった。

7合目辺りまではすんなり登れていたが、

途端に足が重くなり、

仲間に遅れるようになる。

上に上げるにつれ、

風も強くなり服も増やしていく。

9合目には、持っていた防寒具を全て着けた。

ここまで晴れていたが、

ここからはガスの中となる。

11時35分 富士宮口頂上

剣ヶ峰に向かおうと思ったら、

風が強過ぎるのとガスが濃いので、

気持ちが折れる。

剣ヶ峰は止めて、富士吉田口へ向かう。

なぜかこっち側は風は強くなかった。

12時07分 富士吉田口頂上

風は強くなかったが寒かった。

写真だけ撮って、

富士吉田口下山道でさっさと降りる。

足にきている人もいたので、

間違えやすい分岐まで一緒に行って、

そこからは各自のペースで降りる。

私は5合目発14時のバスの時間に降りればいいので、

少しだけ走る。

6合目から5合目までが思ったより時間がかかり、

バス停に着いたのは13時55分。

貝塚から17時間半。

長い工程でした。

窓口で2900円を支払う。

バスでの飲食物を買いたかったが、

時間なくすぐに乗る。

隣に座ったのは、テーブルを下ろせないくらいの

大きな人だった。。。

圧力が半端なかったのと、

いびきがうるさかった。。。

小仏トンネルの渋滞もあり、

新宿駅に着いたのは16時。

長い4時間でした。


今回、剣ヶ峰には行けませんでしたが、

0富士、成功ですかね。

今回もしんどい0富士でした~。






北海道マラソン

4年振りとなる北海道マラソン。

登山、トレランで、

長時間の有酸素運動はしているものの、

15K以上のロードを走る練習はほぼしてなかったので、

K5の距離走ととして、

ファンランで3時間半を切るつもりでした。

土曜日、車で羽田に行って、

6時50分発のANAに乗って、

新千歳空港へ。

電車で座って札幌へ。

ホテルに荷物を置いて、

大会受付をする。

円山動物園行って、

回転寿司食べて、

白い恋人ファーム行って、

anytimeでケアして、

モンベルアウトレットに行って、

ジンギスカン食べて、

なんやかんやで10Kくらい歩いたと思う。

5時50分に起きると雨降っていて、

おにぎり食べて、

アップをして着替えて、

ぎりぎりまでホテルにいた。

前回はCブロックだったが今回はBブロック。

着替えを預けてBの後ろに並ぶ。

18℃と涼しかった。

スタート間際、

Cブロックが詰めてくるが、

マナーがいい人が多いのか、

前に入ろうとする人はいなかった。

9時スタート。

スタートロスは21秒。

走るアップは何もしてなかった。

身体が重かった。

少しは走るべきだったと反省。

2Kくらいで少しばらけて、

走りやすくなる。

身体が少しは楽になってくる。

5K 25分45秒

予定通りだが、

K5を切るラップは少なかった。

淡々と走る。

10K 24分58秒

雨が降ったり止んだり。

途中、豪雨になる。

15K 24分52秒

この辺からだったか、

両足親指の爪が痛くなる。

特に右足。

痛くて踏めなくなる。

20K 25分11秒

中間点 1時間45分09秒

直線の新川通り、

行きは向かい風だった。

25K 24分48秒

新川通り、

記憶ではほとんど沿道の応援がなかったが、

実際は結構な人が出ていてくれた。

私設エイドもあって、

スイカをもらったりした。

折り返して追い風となる。

かなり楽に走れた。

30K 25分22秒

今思うと、なんでこの区間は、

K5を切れてなかったのだろう?と、

思うくらい身体は軽かったはず。

相方と止まってハイタッチする余裕もあったし。

コーラエイドもあって、コーラを飲む。

私設エイドで、

OS-1のジェルをくれる人がいたので、

ありがたくもらう。

すぐに、ポカリスェットの小さいジェルを

凍らせてのをくれる人がいたので、

ありがたくもらう。

コーラをもらったりする。

公設エイドで、

スイカを食べたり、

バームクーヘンを食べたり。

この区間は色々口にした。

そのせいか、

35K 26分39秒

かなり遅れた。

遅れていた分を残り10Kから取り返そうと

思っていたが、

ペースが上がらなかった。。。

残り5KでK4分15秒くらいで、

3時間半切りが出来そうだったので、

一気に上げる。

ガンガン抜かして気持ちよく走れた。

北海道大学構内に入る。

40K 24分27秒

ラップはあまり見ないようにした。

残り1Kまで頑張っていたが、

時計を見て、

どう考えても3時間半切りは無理だったので、

気持ちが折れる。

だらだら走る。

ラストの直線、

適度に走る。

ゴールは被らないようにペースを上げて、

ゴール。

3時間32分42秒

がっくし。

まさか3時間半切りできないとは。

廻りは歩くのも難儀している人が多かったが、

普通に歩けた。

タオル、メダル、記録証をもらって、

荷物預けに行って、

一旦預け直してから、

相方の応援に行く。

応援ナビを見ながら、

大学構内で待つ。

残り3K地点で待つ。

相方が来て、

併走しながらフォームを直して、

そのまま一緒に走る。

関門ちょっと前だった。

この時間帯だと、

歩いている人が多くて、

構内の狭いコースだと抜くのも難儀した。

関門2つを超えて一安心。

公式では5時間までとなっていたが、

関門さえ超えてしまえば、

ゴールできるようだった。

5時間2分くらいでゴールする。

Fブロックだったから、ネットでは5時間切りか。

走り終えて荷物預けまで歩いていたら、

親指爪の痛みを思い出して、

まともに歩けなくなる。

アドレナリンが出ていたか。

札幌駅のビルで豚丼特盛を食べて、

電車に乗ったら激混みで、

座れなかった。

たまたま次の次の駅くらいで、

座れたので良かった。

座ったら爆睡してたzzz

新千歳空港着いて、

ラウンジでビール飲んで、

雪印のソフトクリーム食べて、

18時30分の飛行機で帰りました。

翌日夜は、

呉竹でパーソナルトレ。

ベンチはイマイチだったが、

他は調子良かった。



総論、

親指爪の痛みさえなければ、

3時間半切りはできたか。

長いロードを走っていなかったので、

いい練習にはなった。




栂池から白馬三山縦走して八方までのトレラン

3年前にやった

栂池から入って、白馬三山縦走して、

不帰キレット通って、

唐松岳から八方尾根に降りるコースを

再チャレンジしてきました。

前回は10時間かかっていたので、

9時間切りを目指していました。

7時10分 栂池に到着して、

ジロの割引で少し安くなる

ゴンドラ、ロープウェイの片道券を買う。

始発の6時半くらいはかなりの列だったようだが、

列は皆無だった。

7時38分にゴンドラを降りて、

ロープウェイ乗り場に行くと、

丁度、出発した所だった。

車内は満員で待っている人もいた。

次は20分後の出発になると思っていたが、

臨時でどんどん廻してくれていた。

待っている間にストレッチをすます。

車内は意外にも空いていた。

7時55分 ロープウェイ着

ガスがかかっていて、

眺望はいまいちだった。

樹林帯をがつがつ登る。

とはいえ先は長いので、

疲れない程度に。

どんどん抜かさせてもらう。

雪渓を超えて、

9時06分 白馬乗鞍岳

丁度、人が多かったのでスルーする。

ここまでで、

始発で先に行った人をほとんど抜いたと思う。

急に空いてきた。

9時21分 白馬大池ガスが晴れて眺めがよくなる。

気持ちいい~と思いつつさくさく登る。

9時48分 船越ノ頭

10時15分 小蓮華岳

ここまで2時間20分。

かなりいいペースだった。

気持ちいい稜線を歩く。

走れる所は走る。

11時02分 白馬岳

予想通り、

連休初日の山頂は空いていた。

剣岳の頭だけ見えた。

白馬岳頂上宿舎下の水場で、

水を補給する。

白馬鑓、杓子岳が格好いい。

何度も写真を撮る。

12時11分 杓子岳

12時59分 白馬鑓ヶ岳

13時21分 天狗山荘

水場で補給する。

ここからすぐに天狗の大下りが始まるかと思っていたら、

結構距離があった。

走れる所は極力走ったがかなりしんどかった。

14時02分 天狗の大下り

記憶通りざれていて、

足を取られやすかった。

が、前回は多少ルートを間違えていたようか、

さくさく下れた。

落石しやすい箇所が多かったので、

気をつけながら降りる。

途中、何人かとすれ違う。

14時22分 不帰キレット

見上げると、

これ行くのかぁと思うが、

入ってしまえば、

ルートは分かりやすいし、

手も足も良かったので、

さくさく登れた。

とは言っても疲れていたので、

3点支持をしながら確実に登った。

唐松岳が近くなってくる。

なんとか8時間切りが出来そうだったので、

しんどいながらも頑張った。

15時55分 唐松岳

丁度、栂池高原から8時間だった。

前回より1時間早い。

かなり嬉しかった。

写真を撮ってもらって、

さくっと降りる。

降りながら、

通ってきた稜線を見て、

我ながら凄い事やってるなぁと

感心しながら降りる。

八方大池で逆さ白馬三山見られるかと思ったら、

丁度ガスがかかってしまい、

見えなかった(泣)

17時10分 八方尾根スキー場

黒菱駐車場まで走っていく。

17時27分 黒菱駐車場

相方が車を廻してくれていたので、

今回はここから車に乗る事が出来た。

前回は下まで走っていったもんな。。。


前回より3年分の成長を感じられた。

天気にも恵まれていいトレランとなった。








雲取山トレラン2往復

強風だけど快晴の中、

鴨沢から雲取山のピストントレランを

2往復してきました。

今回はかなりしんどかったです。。。


朝4時に起きて、

用意をして4時45分に家を出る。

車で朝ごはんを食べながら、

下道で鴨沢へ。

眠くて途中で相方に運転を代わってもらって、

少し寝る。

6時45分に鴨沢村営駐車場に着いて、

用意をして軽くアップする。

7時03分 鴨沢駐車場出発

登り始めから足が重い。

前日にトレッドミルでBupで追い込んだせいか。

緩やかな登りも走らずに歩く。

7時54分 堂所

8時24分 七ツ石小屋

七ツ石山までの登りで、

足が終わるかなと思っていたが、

ペースが早くなかったせいか、

終わる感はなく、

8時38分 七ツ石山

稜線に出ると、

予報通りに風が強い。

秒速20m弱となっていたが、

それくらいあったかもしれない。

ただ、特に登るのに問題はなかった。

9時35分 雲取山

写真だけ撮ってすぐに降りる。

10時17分 七ツ石山

10時41分 堂所

ここからは快適に走れるが、

足を疲れさせないために、

身体の真下に着地を強く意識した上で、

ペースを上げないようにした。

11時09分 駐車場着

4時間06分

まさかの4時間切りを出来ず。

これは二本目は相当しんどそうだった。

一本目で消費したのは、

パン2つとプロテインクッキーと

水2L.


二本目は、パン2つとプロテインクッキーと

水3Lにした。

11時23分 駐車場発

ほぼ走らず。

12時25分 堂所

走ってないし、歩くペースも遅かったので。

途中、鹿と猿を見る。

13時01分 七ツ石小屋

13時18分 七ツ石山

走れる箇所も走らずに歩く

14時24分 雲取山

写真だけ撮って降りる。

富士山は頭のみは見えなかった。

遠い山は見えなかったが、

雲取の稜線はずっと見えていたので良かった。

15時13分 七ツ石山

ここからの下りは足にきていたので、

慎重に降りる。

15時46分 堂所

ここからの走りも

足に来ていて集中力がなくなっていたので、

注意しながら走る。

16時16分 駐車場着

ふらふらになっての到着だった。

4時間53分

5時間かからなくてよかった。

2本計 9時間弱。

半年前は8時間弱だったのに。。。

まぁ、しんどいながらも

2本やりきったのでよしとしよう。



1000*6

朝霞陸上競技場で、

初めて練習しに行ってきました。

レベル高かったし、人多かった。。。



早めに会社を出て、

地元接骨院の院長の悶絶もんの

治療を尻に受ける。

かなり固くなっていたのが、

自分でも分かった。

雨は止んでいたが、

競技場は濡れているだろうから、

家でアップする。

軽くタイガーテイルしてから、

肩甲骨、股関節、胸郭を解してから、

動的ストレッチして、

体幹トレして、

動き作りする。

車で朝霞まで行く。

ナビは15分となっていたが、

ホントに15分で着いてビックリ。

かなり近かった。

第1.3.5火曜は、19時から無料開放になるので、

人が多かった。

20時前にもかかわらず、

小学生チームが多く練習していた。

学生が多く、

大学生も多かった。

東洋大もいるとか。

社会人は数えるくらいしかいなかった。

ジョグ2周してから、

流しを4本。

スキップは普通。

身体の下で着地できてる感はあった。

1000×6 5分半廻し。

先々週は、Ave3分41秒だったし、

先週の5000は19分42秒だったので、

同じようなもんかなとスタート。

1本目 3分32秒

早く入り過ぎた。。。

絶対にBdownになるじゃんと思ったが、

先々週どうあがいても出なかった

3分35秒切りが出来たことは嬉しかった。

2本目 3分33秒

このままは無理があるなと、

3本目 3分36秒

うん、しゃーない。

4本目 3分34秒

足を身体の真下に上から踏むのは出来ていた。

尻がしっかりしんどい。

5本目 3分33秒

ラストは3分30秒切りといきたかったが、

足が終わっていた。

粘って粘って、

6本目 3分36秒

Ave3分34秒

Aveはここ半年で一番いいはず。

Bupにはならなかったが、

これは嬉しかった。

先週の5000m19分41秒が嘘のよう。

ほぼ復活したのでは?

北海道マラソン、

なんとか狙える所までいけるか。

15分もかからずに家に帰って風呂。

いい練習でした♪


月例横浜マラソン20K

久々に月例横浜マラソンに参加してきました。

酷い結果となりました。。。



前日夜は、

カーボローディングのために、

具少なめのパスタ。

朝、いつもの5時20分に起きて、

のんびり用意をする。

電車でパンを食べる。

菊名駅で降りて歩いていく。

先に会場に行って、

エントリーをして、

anyへ。

ウェイトで全身伸ばしてから、

バランスボールして、

体幹トレして、

動的ストレッチして、

動き作り。

9時20分過ぎに出て会場へ。

ラン仲間と合流する。

暑かったのもあり、

アップ、流しはしなかった。

9時50分過ぎに並び開始して、

すぐにスタートとなる。

前から2列目に行けた。

1列目のど真ん中に、

どう考えても遅いおじいちゃんがいた。

月例ビブス着てるくらいだから

常連だろうけど、

危ないだろ。。。

スタートして、

すぐに自分のスピードで走れる。

K4分15秒で行こうと決めていたので、

左端を走る。

何人かが抜いていった。

同じくらいにペースがいたので、

背中に付く。

1K 4分17秒

走り始め、

結構足重いなと思っていたが、

次第に軽くなっていた。

2K 4分18秒

ちょい遅かったので、

前に出て、自分でペースを作る。

3K 4分14秒

身体の下で、

足を上から踏んで、

ストライドを伸ばすのが、

なんとなく出来たような。

二年前までの感覚はまだないが。

4K 4分08秒

上げたつもりはなかったが、

ちゃんと真下で踏めているせいか、

ペースが上がっていた。

塩タブレットを食べる。

5K 4分07秒

折り返す。

給水を取る。

給水のコップが小さく、

あまり入ってなかった。

ラン仲間とすれ違うので、

力強くを意識した。

6K 4分06秒

7K 4分08秒

仲間ともすれ違ったし、

今日はこのペースはいらないと、

4分15秒まで落とすつもりが、

8K 4分25秒

9K 4分26秒

となる。

設定ペースで走れない。

風が結構あったので、

そのせいもあったかも。

10K 4分21秒

折り返して給水。

今度はコップ2杯取って、

1杯は頭にかけた。

仲間とすれ違うので、

また力強くを意識した。

11K 4分07秒

12K 4分13秒

現金なもので、

仲間とすれ違い終わった直後に、

足が終わった(苦笑)

13K 4分28秒

ここまで急に終わるかぁ?と、

びっくりした。

14K 4分55秒

塩タブレットとスポーツ羊羹を食べる。

15K 5分00秒

折り返して給水。

また2杯取って、

今度は2杯とも飲む。

5分10秒まで落ちる。

ひたすらしんどかった。

残り1Kで時計見たら、

1時間30分切りも怪しかったので、

それだけは避けたい!と気合が入る。

抜いていった3人を抜きかえして、

加速する。

その内の1人が付いてきているようだったので、

離してやる!と逃げる。

なんとか逃げ切ってゴール。

1時間30分04秒。

ガーン、1時間半を切れなかった。

ハーフでもないのに。。。

去年、宮古島100Kの一週間後の

新宿シティハーフですら1時間30分台だったのに。

暑さのせいか。

給水、

コップが小さく、

入ってる量も少なかったので、

絶対量が足りてなかった。

ゴール後、

水を何杯か飲んで、

anyでシャワー浴びて、

プロテインと糖質飲んで、

中華屋でビール飲んで、

お茶を3杯飲んでも、

喉が乾いて、コンビニでコーラ買ったくらい。

帰りの電車で喉が乾いて、

スポーツドリンク500ml飲んだら、

ようやく落ち着いた。

顔、手がほてっていたので、

軽い熱中症になっていたか。

暑さを舐めていたな。





富士五湖100Kマラソン

三年連続で富士五湖100Kマラソンを走ってきました。

備忘録になります。

今回はホントしんどかったです。。。

不安要素があり過ぎでした。

①一週間前にかすみがうらマラソンを走っている。

潰れたとはいえ3時間半切りをするべく、

後半頑張って走っていた。

②月曜に400ml献血をした。

血液量はその日の内に戻るらしいですが、

赤血球の量は戻るのに一ヶ月くらいかかるらしい。

③月にパーソナルトレーニングで全身筋トレ、

木朝にジムで上半身トレ、

金朝にジムで下半身トレ。

しかも増量中のために限界まで追い込むボリュームで。

④参加が決まったのは金曜昼。

かすみがうらですら一週間前に決まったので、

まだ調整する時間があった。

今回は二日前。


逆にこれだけ不安要素がある中で走ると、

どうなるか自分でも興味があった(笑)



土 仕事を休みにする事ができたので、

しっかりケアをする事ができた。

映画2本見ながら、

ストレッチポールして、

ストレッチ。

昼に新宿までゼッケンを受け取りに行く以外、

家にいて動かないようにした。

朝 パスタ

昼 パスタ

夜 具なしそば

食物繊維をなしにして、

カフェインを摂らないようにしました。

21時くらいに寝て、

1時半に起きる。

2時10分に家を出て、

SAでトイレ大をして、

運転しながら大福食べて、

富士北麗公園に3時50分に着く事ができた。

気温5℃くらいだったので肌寒かった。

ランシャツ、アームカバー、薄手のネックウォーマー、

ハーフスパッツ、ゲーター、

極薄手のウインドブレーカー、

薄いグローブの上に薄いフリースグローブとした。

靴はジャパンブースト。

競技場に入って、

いつも通りに、

動的ストレッチして、

体幹トレして、

動き作りして、

ジョグ、流しはなしとした。

今回も相方が応援で車で廻ってくれるので、

公式荷物預けはなしで、

車に補給食を積んでおく。

私のスタートウェーブは、

4時45分の第2ウェーブだったが、

4時30分の第1ウェーブに潜り込む。

今回、完走出来ればいいかなとも思っていたが、

それでは面白くないので、

10時間半切りを目標とした。

フルをサブ4はネタ的に絶対やる事に。

4時半スタート。

公園を出る前に、

ヘッドライトを点ける。

ライトを持っている人は少なかったが、

あった方が安心だった。

上りは楽に走り、

下りは飛ばさないように走る。

平地はK5分半が丁度よかった。

ただ、100Kの序盤、

いつもなら楽に走ってK5分20秒だったので、

そりゃそーだよなと思いつつ走る。

気温計が2℃となっていた。

身体は暖まってきたが、

手袋は必要だった。

10K 55分42秒

10Kをこのペースでこの身体の重さか。

しんどいレースになるなと思った。

山中湖に向かう138号は、

完全に歩道を走るようになり、

自分のペースで走れないし、

信号で捕まるので、

嫌な区間だが、

今回は山中湖直前の信号で一回止まるだけで済んだ。

その信号に捕まったタイミングでトイレ小に行けた。

山中湖に入り、

エイド先の14K辺りで、

相方がいるはずだった。

今回、相方にここにいてくれと頼んだのは、

2箇所。

ヘッドライトを受け取ってほしい14K辺りと、

なぜか私設エイドがなく、

精神的にも肉体的にも一番しんどい西湖辺りの82K辺り。

一発目の指定場所、

去年は辿り着けていなかった。。。

今年はどうだ?

おー!いてくれた!

無事にヘッドライトを渡す。

元気をもらった。

江戸一の応援もあり、

元気をもらった。

淡々と走っていく。

20K 56分03秒

20Kでこの重さか。

やばいねこれはと思った。

今回、フォームで強く意識したのが、

足を身体より前に出さない事。

どこかの下りで、

無意識に足を前に出したら、

ずしーんと足前側に来たので、

身体の真下を踏むを意識しました。

そして着地のダメージを腹で受けるイメージにしました。

山中湖を半周して、

みさきキャンプ場の先で、

見事な逆さ富士を見る事ができた。

素晴らしく綺麗だった。

淡々と走っていると、

RRTのTシャツを着た仲間が応援に来ていた。

山ちゃんとマッキーだった。

元気をもらった。

山中湖を離れる手前で、

相方がいてくれたので、

ネックウォーマーとウインドブレーカーを渡す。

この区間、

身体が重いながらもペースが上がっていた。

30K 54分19秒

実際のタイムも上がっていてビックリした。

最初から身体が重いんだから、

ひょっとしてこのまま行けるんじゃね?と

甘い考えもした。

空いているトイレがあったので駆け込む。

かなりの量の小が出た。

この区間は登りが多くなり、

ペースを維持せずに落とす。

あまり頑張らない程度に。

廻りの顔ぶれも同じようになる。

私を抜いていく人は特に覚えていた。

ただ、ほとんどの人がエイドにいる時間が長めで、

私は給水してすぐに出るので抜かして、

また抜き返されるが結構あった。

この感じ、いいね♪と思っていたら、

71Kの部のボリュームゾーンとまともに被る。

去年より遅めだったので、

より酷かった。

登り坂は抜きやすかったが、

平地は抜くのに鬱陶しかった。

38.7Kのエイドで給水しようとしたら、

71Kの部が溜まり過ぎていて、

水が取れなかった。。。

40K 58分50秒

登りが多かったから当然だった。

この辺で、相方がまたいてくれて、

そろそろサングラスが欲しいなと思っていたら、

ちゃんと手に用意してくれていた♪

手袋、アームウォーマーを渡す。

右脇が擦れて痛かったので、

ちょい先でワセリンを渡してもらうように頼む。

すぐ先でワセリンを持って待っててくれた。

この日、なぜか右脇だけが擦れていたよう。

塗ると痛くなくなった。

次の区間は下りが多いので、

スピードを出さないように、

足にダメージがないように、

身体の真下で踏むをより強く意識して、

肘を早く振りました。

42.195K計 3時間57分

無事にサブ4達成。

ステラシアターから河口湖まで、

信号で多く捕まる。

丁度、信号で捕まった際に、

相方の車が横にあったので、

窓を降ろしてエネルギージェルを摂る。

信号で捕まってもイライラしないように、

淡々と走る。

ただ、結構つらかった。

河口湖大橋を走ってる時、

つれえなぁと思って下を向いて走っていた。

反対車線から車ですれ違いざまに、

「隆明、頑張れー!」

「隆明さーん!」

と山ちゃん、マッキーから声を掛けられる。

応援してくれる仲間がいるのに、

みっともない姿を見せるわけにはいかないと、

顔を上げてペースを上げたのを覚えている。

山ちゃん、マッキー>元気もらったよ。ありがとう。

河口湖の周回に入り、平地となる。

K5分半まで上げようと、

ストライドを広げようとしたら、

尻筋がピキンとなった。

尻筋が終わった。。。

まだ先は長いのに。

大丈夫か。これ。

無理せずに、2年前と同様に、

56.4Kのエイドでリタイアした方がいいんじゃないか?

とりあえず50Kは行こうと、

50K 59分06秒

50K計 4時間45分

ペースはどんどん落ちていって、

K6からK7まで落ちる。

やべえなこれ、

残り50Kもあるのに、いったいどのくらいかかるんだ?

12時間切れるのか?

どうしよう?

56.4Kのエイドが遠かった。

56.4Kのエイドまでの緩い登りは、

きつかったが歩かなかった。

一旦休める、

給食が桔梗屋祭りとなってるから、

信玄餅を食べられる!

を楽しみに頑張った。

エイドは、去年までと配置が変わっていて、

下の段が荷物を受け取れる場所、

上の段が給水給食となっていた。

サブ9狙いの○上さんがいて、

DNFするとの事。

私もさっきまでは悩んでいたが、

絶対ゴールしてやるに変わっていた。

ブドウジュースがあったので、

2杯もらって、

信玄餅をもらいにいったら、

信玄餅はなくて、

信玄棒と信玄揚げパンがあり、

両方もらって、

登り坂を歩きながら食べる。

登り終えて、

西湖の周回に入る。

平地だが全然スピードが出ない。

K6分半がやっと。

このまま落ちていくのか?

一体、何時間かかるんだ?

ふと、宮古島100Kを思い出す。

そうだ、2回共55Kで潰れて地獄を見たけど、

2回共持ち直して、11時間切り出来たじゃないか。

粘っていれば、どこかで持ち直す!

絶対に11時間切ってやる!

俺は鉄人だから大丈夫!

相方が応援してくれていたので、

「潰れたけど絶対に持ち直してみせる!

絶対に11時間切ってみせる!」

と宣言した。

はじめちゃんとソラちゃんが精進湖にいると聞いて、

会うのを楽しみに頑張った。

60K 1時間15分

登り坂も歩かずに走った。

63Kのエイドで、

吉田うどんを食べた。

食べてすぐに走り出した。

西湖から精進湖の間で、

はじめちゃん、ソラちゃん、相方が応援してくれていた。

予定より早かった。

嬉しくてシャツ脱いで、

「ブーメラン♪ブーメラン♪」

とシャツを振り回した(笑)

「精進湖で待ってるよ!」

と声を掛けられて、

精進湖まで頑張った。

バムさんが折り返してきて、

颯爽と登ってきた。

早すぎるだろ!と、思いつつ、

エール交換をする。

そうだ、精進湖のエイドには、

カステラがあったなと思いだして、

カステラを目標に頑張る。

K7まで落ちていた。

70K 1時間09分

はじめちゃん、ソラさん、相方がいて、

元気をもらう。

相方にちょい先に移動してもらって、

シャツ脱いでサンオイルを塗る。

この先は夏仕様で行く事に。

かなり元気になったのを覚えている。

緩い下り坂だったので颯爽と走る。

精進湖に入る交差点で、

信号待ちのランナーが溜まっていたので、

大声で「通ります!」と声を掛けて、

走り抜けた。

74.6Kのエイドまで走りたかったが、

その先を颯爽と走りたかったので、

緩い登り坂は歩いた。

給水して、

緩い下り坂が続くので、

颯爽と走れた。

RRTの仲間、江戸一の仲間とすれ違い、

エールを送りあった。

行きは吉田うどんを食べたエイドで、

帰りは給水のみをした。

飲み干して、

「しゃあ、行くぞ!」

と活を入れていたら、

「うるせえな」と言われた。

「あんたと違って、こっちは頑張って走ってんだ!」

と言いたかったが、

善人の私は何も言えなかった。。。

去年はこの区間を颯爽と走りすぎて、

ペースを上げてしまって、

直後の西湖で死んだのを思い出して、

少しペースを抑えた。

80K 1時間06分

去年はここで熱中症になったけど、

今年は大丈夫そうだなと足を進める。

西湖の周回に入る。

なぜかここだけ私設のエイドがなくて、

去年しんどかったので、

相方にいてくれと頼んであった。

なかなかいないなぁ。

エネルギー切れっぽくなり、

足が止まる。

歩きたい。

でも平地では歩きたくないし。

相方がもういるはず。

そこまで頑張ろうと、

頑張っていたが、

82.5Kの表示を見て、

もうダメだと歩く。

しんどいなぁと歩いていたら、

私設エイドではなく、

車から降りた人がコップに、

スポーツドリンクを入れて飲もうとしていたので、

「すいません、恵んでもらえませんか?」

と言って、一杯いただいた。

元気出た。

しばらく歩いていると、

相方が車で追い抜いた。

すぐに止まってもらって、

エネルギージェルを摂る。

水も摂って復活する。

なんとかK7くらいまでになる。

「俺は鉄人だから大丈夫!

まだまだ頑張れる!」

と自分自身に言い聞かせる。

西湖から河口湖までの下り、

楽に感じることもなかった。

河口湖の周回に入り、

何とかK7くらいで走る。

また相方がいて元気をもらった。

ステラシアター手前のコンビニで、

アイスをリクエストする。

その先で私設エイドがあり、

コーラをもらった際に、

「そのまま走って!

コップは走ってもらうから」

「ありがとうございます!」

「絶対、完走してよ!」

「絶対に11時間を切ります!」

と元気をもらった。

89.5Kのエイドでおかゆがあったはずだが、

給水のみして走った。

90K 1時間18分

残り10Kを1時間25分で行かなくてはならない。

緩やかな登り坂になり、

早歩きで歩いていく。

相方がコンビニでアイスの実を買って、

渡してくれた。

歩きながら食べる。

頭がシャキっとした。

94.8Kのステラシアターで、

給水して、

水を二杯、頭にかけたら、

急に寒くなってシャツを着た(笑)

ステラシアター先で、

相方から最後の応援を受ける。

長い登り坂なので、

必死に肘振って歩いた。

それでも坂の後半はペースが落ちた。

最後の2Kは下り坂メインで、

去年は爆走してるから、

今年も爆走できる。

「俺は鉄人だから行けるはず!

そこまで頑張れ俺!」

と必死に肘を振った。

最後の私設エイドで、

りんごをもらった。

坂を登りきり、

行くぞここから!

「しゃぁぁ!」

と声を出す。

すると、はじめちゃん、そらさんがまたいてくれた。

まさかここに移動してくれてるとは思わなくて、

びっくりした。最後に力もらった。

「11時間切りしてきます!」

と宣言して、

爆走する。

最後のエイドの給水は、

走りながらもらう。

ペースがどんどん上がる。

だが、最後の信号で捕まってしまう(泣)

肩甲骨廻りを解して、

再スタート。

前にいる人をどんどん抜かして、

K5を切る。

競技場までの花道で、

皆に声を掛けてもらって、

江戸一、相方に声を掛けてもらって、

ガッツポーズで応える。

トラックに入り、

ゴールを駆け抜ける。

100K 1時間21分

10時間56分台。

なんとか11時間を切れた!

完走メダルをかけてもらって、

完走バスタオルをもらって、

記録証をもらう。

直後、号泣した。。。

諦めなくて良かった。

よく頑張った俺。

板橋は悔し涙で号泣したけど、

今回は頑張った自分に感動して泣けた。

我ながらよく泣くなぁ。

ゴール直後、豚汁を食べられるくらい

胃は元気だった。


家に帰ってきて靴下脱ぐと、

右足母子球横にでっかい血豆が。

そういえば前半痛かったような。

風呂入ってすっきり。

身体をチェックしてみると、

尻筋はずっしり。

腹筋も痛いくらい。

これは腹筋で着地して、

尻筋で蹴れていた証拠か。

月、

家から駅まで歩くのに、

いつもと同じ時間しかかからなかった。

火、

特にダメージがなく、

筋トレするくらい元気。

水、

朝から坂道ダッシュ10本するくらい元気。

ホントに鉄人か。。。


今回のマラソンも多くの人に助けられました。

はるばる応援に来てくれた

RRTの山ちゃん、マッキー、はじめちゃん、ソラさん。

江戸一のヤスさん、エリさん。

何度も元気をもらいました。

私設エイドの方からも

何度も元気をもらいました。

そして何よりも助けられたのは、

相方の杏子さん、

他の人の応援もそこそこに、

私を追って何度も助けてくれました。

いつも応援ありがとう。



マラソンって、やっぱいいなぁ♪

























かすみがうらマラソン

出るのが決まったのが、

一週間前。

どうせ出るならサブスリー狙いで走る事に。

最高気温が20℃の予報だったので、

暑熱順化トレを

火、水、木、金とやりました。

汗の質が変わったので、

短いながらも効果はあったと思ってます。

追い込むランはせずに、

ジョグ、軽いBupにしました。

代わりにプールで、

クロール100×10を二回やりました。

金にやった際、

追い込む予定ではなかったですが、

空いていたためにがっつりやってしまっていました。

ウォーターローディングはしっかりと。

カーボローディングは木、金、土やりましたが、

いつもよりは軽めでした。

土は、ほぼ炭水化物だけで、

朝パスタ、昼そば、夜パスタ。

食物繊維は摂らないようにしました。

コーヒーも摂らないようにしました。

早めに就寝。

日 5時に起きて、

すぐに大をする事が出来ました。

ストレッチポールしたりして、

6時10分に家を出て、

ラン仲間を最寄り駅で拾って、

土浦駅東口へ。

停めようと思っていた駐車場が満車で、

ぶらぶら探していたら、

釣り場ポイントに車を止める事が出来て、

一安心。

7時40分と予定より早かったので、

会場に行ってぶらぶら。

スタートエリアを確認して、

まだ空いているトイレで大をする事が出来ました。

車に戻って、

芝生があったのでシートを広げて、

着替えてアップする。

会場近くまで走っていって、

短い流しを4本。

ラン仲間と9時20分にAブロック入り口に待ち合わせて、

9時30分過ぎに、

Aブロックに入る。

スタートラインまでかなり近い場所に来れました。

座って、アミノ酸、塩、エネルギージェルを飲む。

有森さんやらゲストの話を聞いているうちに、

9時50分のスタートを迎える。

スタートロスはわずか13秒。

これはいいと気持ちよくスタートする。

自分のペースで走れたのは500mくらいからか。

1K 4分40秒弱。

まぁ、入りは混んでるからしゃーないと、

特に取り返そうとも思う事なく進む。

2K 4分24秒

あら、遅いのね。

上り坂は一切頑張ってないから仕方ないかと

深く考えていなかった。

3K 4分27秒

え、また遅かった。

まぁ、無理はせずに行こう。

4K 4分14秒

そう、このペースで行こう。

5K 4分20秒

5Kでラップを取った時、

22分06秒だった。

あれ?サブスリーペースで5Kは、

22分15秒だっけ?

いやいや、21分15秒だろ!!!

スタートロス13秒入れたら、

22分19秒だから、

既に1分も遅れてる!!!

やっちまった!

ハーフまでに1分取り戻すのに、

どのくらい頑張らなきゃならないんだ?

計算出来ないけど、

4分10秒くらいで行きたい。

丁度そのくらいのペースで走ってた人に、

くっつく。

10K 21分07秒

そこまで上がっていなかった。

相方に10K過ぎにスペシャルドリンクを

渡してもらうように頼んであったが、

なかなかいない。

あれ、まさか間に合わなかったパターンか?

フルでそれはつら過ぎるぞ。

と思っていたら10.5K辺りにいてくれて、

無事に受け取る。

中身はマルトデキストリン、塩、アミノ酸。

飲みきってボトルを給水所で捨てようと思っていたら、

滑って落としてしまう。

しかもコースのど真ん中で。

すいません。。。

15K 21分08秒

取り返そうと思っているのに、

21分を切れてないのは、

我ながらしょぼいなと。

しかも17K辺りから、

足が重い。

板橋の時は、

折り返して22.23Kから足が重くなっていたが、

今回は早すぎた。

しかも遅れている分、

後半上げなくてはならないのに。

これ、大丈夫か?と思っていたら、

ラップが遅れに遅れる。

スポーツようかんを摂るのに、

ウエストポーチに手を回すのも、

めんどいと思えるくらいバテていた。

20K 22分30秒

どう考えても、

ハーフで1時間31分を超える。

後半1時間29分弱で走るなんて、

とてもこの足では無理だ。。。

ポキーンと心が折れる。

足が止まる。

ハーフ通過 1時間32分34秒

ゴールタイムをどうするか。

板橋で3時間1分切りが出来ているので、

3時間1桁台はいらない。

サブスリーできないなら、

3時間半切りでいいやと、

大幅に下方修正する。

K5分でいいなら楽だと、

思っていたら、

25K 26分21秒

K5分が出ない。

みるみるうちに落ちていく。

K6分を超える。

K6分30秒のラップもあった。

24K~34Kまではホントつらかった。

歩きたかったくらい。

歩いたら3時間半切りは出来ないので、

遅くても走る。

私設エイドには全て寄らせてもらう。

冷えたきゅうりがおいしかった。

30K 30分52秒

かなりしんどかったが、

去年の姫路城マラソンの時は、

K8分まで落ちていたので、

そこまで酷くはなかったよう。

32.195Kまで行って、

残り10Kの看板から、

ストップウォッチをリセットして、

そこから再レースしようと決める。

カフェイン200mg入りジェルを

飲んで気合を入れる。

32Kを過ぎて、

そろそろかなと思っていたら、

残り10Kの看板はなかった。

気持ちを入れ直すタイミングをミスる。

ペースは更に落ちていく。

このままだと、

3時間半切りも出来ない。

それだけは避けたいと、

考えたのが、

35~40Kをこの日の最速ラップを

叩き出してやろう。

ラップを追っているであろう

相方をビックリさせてやろうと、

35Kから気合を入れる事に。

走りながら上半身を解して、

34K過ぎから徐々にスピードを上げる。

35K 31分33秒

それでも31分33秒だった事を考えると、

かなりペースが落ちきってたよう。

抜かれまくってたランナーを

追い抜き返す。

K5分を超すペースが多い中、

K4分15秒を切るペースだったので、

圧倒的な差で抜きまくって気持ちよかった♪

向かい風にやられて、

ペースが落ちてしまったが。

40K 22分03秒

へばってきたが、

給水所でまた復活してと、

抜きまくる。

競技場に入る所に、

相方がいて、

笑顔で走り過ぎる事が出来た。

笑顔でゴール。

3時間27分38秒。

なんとか3時間半切りが出来た。

一休みしてから、

ラン仲間がサブ4を目指して頑張っているはずなので、

コースを逆走する。

サブ4のペーサーが通り過ぎる。

なかなか現れない。

グロスは無理でもネットで行けるか?

と思うもなかなか現れない。

2.5Kほど逆走した所で、

ラン仲間が来る。

コースに入って並走する。

ネットでもサブ4は無理だが、

ベストを更新したいと言うので、

フォームを直した後に、

引っ張る。

頑張って走ったが、

ベストは更新出来ずに残念。

私としてはいいダウンになった。

休憩して、

車に戻って着替えて、

渋滞もなく帰ってこれました。

車で行く事で、

ランナーで激混みの電車を味わう事もなく、

ストレスフリーでレースに行けたのは大きかった。




・反省点
入り5Kのペースが酷すぎた。
ここをもっとしっかり管理出来ていれば、
ハーフまで大きく遅れる事がなかったはず。

金曜のプールで追い込み過ぎた。
体の疲れは体感としてはなかったが、
軽くはなかった。

前半から全ての給水を取っていたが、
コップ2杯にするべきだった。


・良かった点
前日に食物繊維・脂質を摂らない事で、
当日に脇腹が痛くなる事がなかった。

体の下に足を置く事を強く意識出来たので、
翌日も前側にはダメージがなかった。




・総評
準備期間が短かった割には、
頑張ったか。



雲取山トレラン

箱根外輪山一周するつもりでしたが、

一週間後にかすみがうらマラソンに出る事が決まったので、

ダメージを考えて、

雲取山トレランに変更しました。


3時に起きるつもりが、

二度寝、三度寝をして、

4時半に起きる。

5時過ぎに家を出て、

7時過ぎに鴨沢の駐車場に着く。

眠かったので少し寝る。

用意して、

パン食べて、

肩甲骨、股関節を解してからスタート。

7時43分 鴨沢駐車場

今回は一周しかしないので、

3時間半切りを狙っていた。

とはいえ、

堂所までの登りは無理はせずに、

緩やかな傾斜のみ走った。

8時28分 堂所  

登りながらプロテインクッキーを食べる。

七ツ石山小屋の下辺りから、

足が重くなる。

七ツ石山手前で、

ペースが落ちる。

いつもの事か。

9時07分 七ツ石山

富士山や遠い山は見えないが、

雲取山までの稜線が見えて、

気持ちいい。

下りで足が復活する。

雲取山手前から雪がある場所があるが、

凍ってはいなかった。

泥になってる所が何箇所があった。

登りながらパンを食べる。

9時57分 雲取山

頂上には人がいなくて、

写真だけ撮ってさっさと降りる。

10時35分 七ツ石山

パン食べながら歩いて下る。

登りで食べておけばよかった。

10時58分 堂所

エネルギージェルを走りながら飲む。

足首を捻らないように気をつけながら走る。

11時23分 鴨沢駐車場


登り2時間14分
下り1時間26分
計3時間40分

3時間半切り出来ず。。。

登山客も少なく、
待ちもなかったのでショックだった。

七ツ石山から雲取山までの稜線を
もっと頑張れば何とかなるのか。



プロフィール

チョパプリオ

Author:チョパプリオ
2018年6月3日 夢の島24時間マラソン 160.0K
2015年5月13日 江戸陸ナイター記録会 5K 18分09秒
2016年1月31日 新宿シティハーフ 1時間24分39秒
2016年2月28日 東京マラソン 2時間59分34秒

最新記事
最新コメント
カテゴリ